上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/04/18(土) 17:04:00.72 ID:mRMggYo70


(;'A`)(はあ……びっくりした……)

 ご自分のお城におもどりになったお姫様は、どくんどくんと火山のようになる胸をおさえてあえぎました。
 手のうちににぎりしめた指環は、冬の朝のようです。
 
 お室にもどるより先に、お姫様と仲がよい、お城につかえている者とおしゃべりしようと思い、よりみちしました。

( ^ω^)「姫、裾に土がついていますお」

(;'A`)「あ、ごめんなさい。ありがとう」
 
 話のとちゅうで、ひとりのめしつかいがお姫様のお召しものの裾を軽くはらいました。
 はらうと、ひとつため息をつきました。

( ^ω^)「わたくし共に言ってくだされば全力で探しますお」

(´・ω・`)「姫はドジですからね。それとも、何か秘密でもおありですか?」

 もうひとりが同じように言いました。

 このめしつかいははっきりと物を言います。
 しかもするどいので、お姫様はごまかすこともおできにならないで、ときどきまいってしまうのです。
 もっとちゃんと土をはらっておくんだった、とお姫様は思いました。


  目次
スポンサーサイト
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/04/14(火) 21:31:22.96 ID:HD9nI3YzO
タイトルは枕より

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/04/08(水) 16:40:39.00 ID:W/IT6Z1QO

( ^ω^)「高校2年生になったお」

( ^ω^)「遊ぶお金が欲しいお…」

( ^ω^)「…」

( ^ω^)「よし!バイトをするお!」

( ^ω^)「飲食店は嫌だからなんかのレジのバイトをするお!」

( ^ω^)「…」

( ^ω^)「よし!スーパーのレジに決めたお!」
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/04/13(月) 19:55:27.21 ID:T0wVT8JNO

( ^ω^)さみしいお

( ^ω^)恋人欲しいお

( ^ω^)・・・・・・・・
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/07(火) 17:11:45.77 ID:VoyDy/Di0
一時間耐久レース、開始
2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/04/08(水) 16:38:45.85 ID:RBHkyp1A0

(゚、゚トソンには感情がいるようです 後編

目次

*6 『なみだのお手本』                    *12 『融解』

*7 『苛々』                              ** 『/』

*8 『吐き気と水気は似ている』            *13 『かんじょう』

*9 『ほし』                              *14 『喜怒哀楽のススメ』

*11 『生きていた』                       *15 『さいごのはなし』


それでは投下します
お題有り総合短編
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/03/24(火) 20:04:34.15 ID:9/am/Wel0

( ^ω^)「やめて ぼくは 12さいの かわいい ブーン だよ」

ξ゚⊿゚)ξ「は?」

僕の呟きに、スーファミの摩訶摩訶をプレイしていた彼女が振り向いた。
彼女の名前はツン。
30年以上前に発売された家庭用ゲーム機をこよなく愛する大学の後輩だ。

同じ研究室に配属されて、ゲームの話で意気投合。
それ以来、ツンは何かと僕の部屋にやってきてはゲームをしていく。

( ^ω^)「いや、言ってみただけ」

ξ゚⊿゚)ξ「………………あっそ」

( ^ω^)「あ、そいつ育ててもずっと弱いままだし、守備力バグあるお」

言いつつ、僕はソニーのSCD-XE600にCDをセットした。
スピーカーからスティーブ・ドブロゴスが流れ出す。
ゴスペルに独特の、厳かでいて軽快なメロディーにツンの眉が顰められた。

1 名前:題:オープニング 投稿日:2009/04/05(日) 20:19:17.71 ID:3BnbAJq+0
(´・ω・`)「ああっ、もうダメッ!
ぁあ…赤ちゃん出るっ、赤ちゃん出ますうっ!!
ビッ、ブリュッ、ブリュブリュブリュゥゥゥーーーーーッッッ!!!
いやああああっっっ!!見ないで、お願いぃぃぃっっっ!!!
ブジュッ!ジャアアアアーーーーーーッッッ…ブシャッ! 」

川 ゚ -゚)「がんばれ!耐えるんだ、いや、耐えられては困るな……
とにかくがんばれ!」


オンギャー、オンギャー


今から17年前、私は、道場を営むお母さん→(´・ω・`)と
カオスミステリー作家のお父さん→川 ゚ -゚)の
間に誕生した。

両親の愛情やらなんやらを一身に受け、
私はすくすくと成長し、その後、
私が3歳と8か月の頃に、弟のドクオが誕生した。

('A`)「あばばばばぶー」

これはそんな普通のJKの話とか何とやら。


作者  ID:ugnhEJGc0

('A`)姫と王子(゚- ゚ 川のようです 1

('A`)姫と王子(゚- ゚ 川のようです 2

('A`)姫と王子(゚- ゚ 川のようです 3 

('A`)姫と王子(゚- ゚ 川のようです 4new
3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/04/04(土) 19:42:06.19 ID:ugnhEJGc0
 
あるところに、王子様がいらっしゃいました。
 その王子様は、世間でも評判のたいへん容姿のすぐれた、一等星よりかがやくような方でありました。
 見た目だけでなく、気丈もすばらしいので、女の人からも、男の人からも人望あつくいらっしゃいました。


 あるところに、お姫様がいらっしゃいました。
 そのお姫様は、世間でもまったく噂にのぼらない、八等星よりかがやかないような影のうすい方でありました。
 誰も拝さないので、容貌も、気立ても、どのようなものなのか知られていませんが、
 ある人によると、どことなくお姿が貧相なのをひけば、ごくごく普通、平々凡々な方であるようでした。


 ある日、王子様がいつものようにあてもなく散歩していらっしゃいましたところ、
 例のお姫様がうずくまっておられましたので、王子様は即座にかけつけ、お声をかけなさいました。


川 ゚ -゚)「何かお探しですか?」



4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/04/04(土) 19:42:58.96 ID:ugnhEJGc0


('A`)姫と王子(゚- ゚ 川のようです



1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/04/04(土) 19:09:38.38 ID:Y5RYZ+Om0
気がついたら二リットルペットボトルの水を今日一日で二本消費していることに気付いた。
尿意がやべぇ


3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/04/04(土) 19:12:11.50 ID:Y5RYZ+Om0

(゚、゚トソンには感情がいるようです 前編

目次

*1 『都村トソン』

*2 『穴掘りとねこ』

*3 『喜怒哀楽』

*4 『コミニケイション』

*5 『名前を』

  それでは始めます
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/03/29(日) 18:27:29.30 ID:UKZdIfqw0
初めに。
これはとある作品のパk影響をかなり受けてます。
その作品が分かっても、出来る事なら言わないで欲しいです。



89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/03/29(日) 20:10:17.39 ID:UKZdIfqw0





                         トリアエズ脱ゲ



                                     .ハ
                   /`ヽ              / |
                   |   ヽ、          /   .|
                   |    \       /     .|
                   |     >―――<      丶
                   ノ                  .丶
                  /                    |
                  ,'                    .|
                  |    /⌒ヽ      /⌒ヽ    |
                  |    ヽ__,ノ       ヽ_,.ノ    |
                  ヾ                   ,'
                    、 ,,,、  、__ イ   ,,,、 /
                     \   ヽ    /    /
                            ̄ ̄          




3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/04/02(木) 01:21:02.98 ID:ocf1LzWDO
( ・∀・)「という訳で、来月から一人暮らしになるんだ」

ξ゚⊿゚)ξ「へぇ~、寮の方が絶対にいいのに」

川 ゚ -゚)「そうやそうや~」

( ・∀・)「あれ、みかんは寂しいの?」

川#゚ -゚)「さっさと出ていけ」

川 ゚ -゚)は和歌山出身のようです~寮を出る編~


目次
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/04/02(木) 20:38:51.71 ID:FcmNfEfN0
( ・∀・) 

lw´‐ _‐ノv 

( ・∀・) シュー君、シュー君

lw´‐ _‐ノv 何だい、我が幼馴染みのモララー君

( ・∀・) 

( ・∀・) 君、数週間前にさぁ・・

lw´‐ _‐ノv あぁ うん

lw´‐ _‐ノv 死んじゃったんだよなー アレは痛かった

( ・∀・) ・・・・・・

lw´‐ _‐ノv ・・・・・・

総合短編
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 01:56:52.61 ID:ol8CDqVX0






真水が飲めないというので、僕は泥水を啜った。
喉の渇きは潤ったが、また人から離れていった。







2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 01:59:44.94 ID:ol8CDqVX0







川 ゚ -゚)はるをひさいでいるようです






閲覧注意
TOP
★僕の小規模なブーン系生活  ★Author→小規模/ブーン系生活

  ★Designed by MACAREO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。