上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:投稿日:2008/07/27(日) 19:28:14.08 ID:oFVFu5Or0

lw´‐ _‐ノv「そういえば……」

ミセ*゚ー゚)リ「何か?」

lw´‐ _‐ノv「……」

ミセ*゚ー゚)リ「……?」

lw´‐ _‐ノv「……」

ミセ;゚ー゚)リ「……」

lw´‐ _‐ノv「……ミセリさんが好きです」

ミセ;゚ー゚)リ「っはい!?」
2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:投稿日:2008/07/27(日) 19:31:28.58 ID:oFVFu5Or0

lw´‐ _‐ノv「……」

ミセ*゚ー゚)リ「えと……あの……」

lw´‐ _‐ノv「……いいんです」

ミセ*゚ー゚)リ「え?」

lw´‐ _‐ノv「……返事はいりません……私達は、同性ですし……」

ミセ*゚ー゚)リ「……」

lw´‐ _‐ノv「……」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:投稿日:2008/07/27(日) 19:33:17.64 ID:oFVFu5Or0

ミセ;゚ー゚)リ (『そういえば』からの語りだしで爆弾発言された……)

lw´‐ _‐ノv「……」

ミセ;゚ー゚)リ「……」

lw´‐ _‐ノv「チチモマセー」

ミセ;゚ー゚)リ「!!!」

lw´‐ _‐ノv「……」

ミセ;゚ー゚)リ「……」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:投稿日:2008/07/27(日) 19:36:59.25 ID:oFVFu5Or0

lw´‐ _‐ノv「……私はこのお城の給仕です」

ミセ*゚ー゚)リ「ああ、知ってる」

lw´‐ _‐ノv「……あなたは、姫様の……」

ミセ*゚ー゚)リ「……」

lw´‐ _‐ノv「……近衛兵?」

ミセ# ⊿ )リ (疑問型かよっ……!?)

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:投稿日:2008/07/27(日) 19:39:54.54 ID:oFVFu5Or0

ミセ#゚-゚)リ「そうだがっ!」

lw´‐ _‐ノv「……」

ミセ#゚-゚)リ「……」

lw´‐ _‐ノv「……知っています」

ミセ* ⊿ )リ「……」

lw´‐ _‐ノv「……」

ミセ;゚ー゚)リ (気まずい……)

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:投稿日:2008/07/27(日) 19:43:04.44 ID:oFVFu5Or0

lw´‐ _‐ノv「……時に」

ミセ*゚ー゚)リ「何か?」

lw´‐ _‐ノv「想い人はいらっしゃいますか?」

ミセ;゚ー゚)リ「……い、いや」 ←その手の話に弱い

lw´‐ _‐ノv「……」

ミセ;゚ー゚)リ「……」

lw´‐ _‐ノv「……愛しています」

ミセ* ⊿ )リ「……」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:投稿日:2008/07/27(日) 19:45:36.43 ID:oFVFu5Or0

lw´‐ _‐ノv「けれど……」

ミセ;゚ー゚)リ (けれど?)

lw´‐ _‐ノv「……」

ミセ;゚ー゚)リ (……早く何か言ってくれ!!)

lw´‐ _‐ノv「……今日の……」

ミセ;゚ー゚)リ (今日の……?)

lw´‐ _‐ノv「……夕食は何になさいましょう?」

ミセ* ⊿ )リ (ごはんの話かっ)

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:投稿日:2008/07/27(日) 19:49:30.42 ID:oFVFu5Or0

ミセ; ⊿ )リ「……パンと、チーズ。あと、魔女様から頂いた紅茶を」

lw´‐ _‐ノv「……」

ミセ;゚ー゚)リ「……」

lw´‐ _‐ノv「承知しました、すぐにお持ちいたします」

ミセ;゚ー゚)リ「あ、ありがとう……」

ミセ; ⊿ )リ (つ、疲れる……)

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:投稿日:2008/07/27(日) 19:51:29.74 ID:oFVFu5Or0

     *         *

ξ ー )ξ ←魔女(ツン) フードを深く被ってる。
(*゚ー゚) ←量産型少女奴隷(魔女の奴隷)
( ^ω^) ←魔女の下僕


<チチモマセー

ξ - )ξ「シューね」

(*゚ー゚)「……そうですね」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:投稿日:2008/07/27(日) 19:54:34.43 ID:oFVFu5Or0

ξ ー )ξ「……苦手?」

(*゚ー゚)「いえ……いや、はい」

ξ ー )ξ「私もよ」

ガチャ ←シューが入ってきた

lw´‐ _‐ノv「……」

( ^ω^)「こんにちはですお」

lw´‐ _‐ノv「……えっと」

(;^ω^)「……」

lw´‐ _‐ノv「……こんちは」

(;゚ω゚) (フランクだお!!)

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:投稿日:2008/07/27(日) 19:57:30.39 ID:oFVFu5Or0

(*゚ー゚) (しかし、一体どうして突然フランクなのかは彼女しか知らない)

ξ - )ξ「……何の用?」

lw´‐ _‐ノv「……紅茶を……」

ξ - )ξ「あげたわね」

lw´‐ _‐ノv「……淹れたので、もし宜しければ、一杯どうぞ」


16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:投稿日:2008/07/27(日) 19:59:31.80 ID:oFVFu5Or0

ξ ー )ξ「頂くわ」

(*゚ー゚) (ちゃんと仕事してるんだっ!!)

lw´‐ _‐ノv「……どうぞ」

ξ ー )ξ「ありがとう」

lw´‐ _‐ノv「……」

ξ ー )ξ「おいしいわね」

lw´‐ _‐ノv「……ありがとうございます」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:投稿日:2008/07/27(日) 20:01:51.29 ID:oFVFu5Or0

ξ ー )ξ「……」

lw´‐ _‐ノv「……」

(*゚ー゚)「……」

( ´ω`) (僕にも紅茶飲ませろお……)

ξ - )ξ「断る」 ←心が読める

( ゚ω゚)

lw´‐ _‐ノv「……」

(゚ω゚)

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:投稿日:2008/07/27(日) 20:04:10.47 ID:oFVFu5Or0

lw´‐ _‐ノv「……米を」

( ^ω^)「食べさせてくれるんですかお?」

lw´‐ _‐ノv「……」

( ^ω^)「食べたいですお!!」

lw´‐ _‐ノv「……じゃあ――」

( ^ω^)「ありがとうございますお!!」

lw´‐ _‐ノv「――明後日……」

(;^ω^)「……」

lw´‐ _‐ノv「……植えます」

(;;^ω^)「……」

lw´‐ _‐ノv「……」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:投稿日:2008/07/27(日) 20:07:58.58 ID:oFVFu5Or0

ξ - )ξ「……」

lw´‐ _‐ノv「……先ほど」

ξ - )ξ「ええ」

lw´‐ _‐ノv「……ミセリさんに愛の告白をしてきました」

ξ - )ξ「……そう」

ξ - )ξ「……」

ξ//⊿/)ξ「……マジでっ!?」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:投稿日:2008/07/27(日) 20:10:54.89 ID:oFVFu5Or0

lw´‐ _‐ノv「……はい」

ξ//⊿/)ξ「結果は……?」

lw´‐ _‐ノv「……」

ξ//⊿/)ξ (ダメだったかー)

lw´‐ _‐ノv「……返事は……」

(*゚ー゚) (ミセリ様も女のお方……だよね?)

(;゚ω゚) (ここの気候では米は育たんお!!)

lw´‐ _‐ノv「……聞いてません」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:投稿日:2008/07/27(日) 20:12:49.03 ID:oFVFu5Or0

ξ//⊿/)ξ「……」

lw´‐ _‐ノv「……」

ξ゚⊿゚)ξ ←ちょっとはっとしてる

lw´‐ _‐ノv「……同性ですし」

ξ - )ξ「……」

lw´‐ _‐ノv「身分も、違いますから」

ξ - )ξ「……」

lw´‐ _‐ノv「……」

(*゚ー゚) (悲恋だぁ……)

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:投稿日:2008/07/27(日) 20:16:04.28 ID:oFVFu5Or0

lw´‐ _‐ノv「……胸」

ξ - )ξ (……?)

lw´‐ _‐ノv「……揉ませてもらえませんでした」

ξ//⊿/)ξ「あったりまえじゃないの!!」

(;^ω^) (不敬罪で殺されてもおかしくないお)

lw´‐ _‐ノv「……」

(;^ω^)「なんですかお?」

lw´‐ _‐ノv「……いえ、失礼します」

(;^ω^) (おっかない顔をされた気がするお)

lw´‐ _‐ノv「……」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:投稿日:2008/07/27(日) 20:19:03.79 ID:oFVFu5Or0

     *       *

ζ(゚ー゚*ζ ←姫様
ミセ*゚ー゚)リ ←近衛

@姫様の部屋

ζ(゚ー゚*ζ「明日の戦場での働き、期待してるから」

ミセ*゚ー゚)リ「……」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:投稿日:2008/07/27(日) 20:21:25.15 ID:oFVFu5Or0

ζ(゚ー゚*ζ「まだ私が前線出ることが気に入らないの?」

ミセ*゚ー゚)リ「当然ですッ!!」

ζ(゚ー゚*ζ「しょうがないじゃないの、ブーンさんが必要と言うのだから」

ミセ*゚ー゚)リ「それが気に喰わないのです!!
      なぜあんなどこの馬の骨とも知らぬ輩を信用するのですかっ!?」

ζ(゚ー゚*ζ「魔女様が召喚なさった人だからよ」

ミセ*゚ー゚)リ「しかしっ!」

ζ(゚ー゚*ζ「大丈夫よ、城主のギコも信用してるし」

ミセ*゚ー゚)リ「……」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:投稿日:2008/07/27(日) 20:23:37.65 ID:oFVFu5Or0

ζ(゚ー゚*ζ「それにこう見えても私も一応魔女様の血族だから」

ミセ*゚ー゚)リ「……分かっています。それでも、お引止めしないわけには」

ζ(゚ー゚*ζ「あなたが守ってくれればいいの」

ミセ*゚ー゚)リ「……」

ζ(゚ー゚*ζ「そうでしょう?」

ミセ*゚ー゚)リ「……分かりました。我が疾速と代価の精霊に誓って」

ζ(゚ー゚*ζ「うん」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:投稿日:2008/07/27(日) 20:25:52.09 ID:oFVFu5Or0

     *     *

@お城の中庭

lw´‐ _‐ノv「……」 ←考え事してる

lw´‐ _‐ノv「……」

lw´ ゚д゚ ノv ハッ

lw´‐ _‐ノv「……」

lw´‐ _‐ノv「……」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:投稿日:2008/07/27(日) 20:28:05.89 ID:oFVFu5Or0

lw´‐ _‐ノv「……チチモマセー……」

lw´‐ _‐ノv「……」

lw´‐ _‐ノv「……間違えた」

(;^ω^) (何をどう間違えたんだおっ!!?)


lw´‐ _‐ノv「……おや」

( ^ω^)「どうもですお」

lw´‐ _‐ノv「こんばんわ」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:投稿日:2008/07/27(日) 20:31:38.60 ID:oFVFu5Or0

( ^ω^)「何していたんですかお?」

lw´‐ _‐ノv「星を……」

( ^ω^)「見ていたんですかお?」

lw´‐ _‐ノv「数えていました」

(;^ω^) (それはまた途方も無いことを)

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:投稿日:2008/07/27(日) 20:32:37.70 ID:oFVFu5Or0

lw´‐ _‐ノv「途中で飽きてやめましたけど」

(;^ω^)「……」

lw´‐ _‐ノv「10秒ほどで」

(;^ω^)「早すぎませんかお?」

lw´‐ _‐ノv「……」

(;^ω^)「……」

lw´‐ _‐ノv「……」

(;^ω^)「……」

lw´‐ _‐ノv「今日は落ち着かなくて」

( ^ω^)「明日から戦いだからですかお?」

lw´‐ _‐ノv「ええ」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:投稿日:2008/07/27(日) 20:33:39.29 ID:oFVFu5Or0

( ^ω^)「僕も落ち着きませんお」

lw´‐ _‐ノv「じゃあ、しりとりしましょう」

(;^ω^)「え?」

lw´‐ _‐ノv「……」

(;^ω^)「……」

lw´‐ _‐ノv「……」

(;^ω^)「……」

lw´‐ _‐ノv「……米」

(ヽ´ω`)「……」

( ^ω^)「めそ」 ←東京方言

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:投稿日:2008/07/27(日) 20:34:14.60 ID:oFVFu5Or0

lw´‐ _‐ノv「ソロホームラン」

( ゚ω゚)「……」

lw´‐ _‐ノv「……」

(;゚ω゚)「……」

lw´‐ _‐ノv「……」

(;^ω^)「……」

lw´‐ _‐ノv「……」

(;^ω^)「ンドレ」 ←カメルーンの料理

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:投稿日:2008/07/27(日) 20:35:08.88 ID:oFVFu5Or0

lw´‐ _‐ノv「レーン」

( ´ω`) (このやろう……)

( ^ω^)「ンガウンデレ」 ←カメルーンの都市

lw´‐ _‐ノv「レンコン」

( ^ω^)「んぞ」 ←沖縄方言

lw´‐ _‐ノv「ぞうさん」

( ^ω^)「んぞーさ」 ← 宮古島方言

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:投稿日:2008/07/27(日) 20:35:59.79 ID:oFVFu5Or0

lw´‐ _‐ノv「三」

(;^ω^)「……」 ←きつくなってきた

(;^ω^)「ンゼンギ」 ←コンゴ共和国の高級食材=猿の肉

lw´‐ _‐ノv「銀」

(;;^ω^)「ンゴマ」 ←マサイ族の民族音楽

……

……(死闘が続いています)……

……

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:投稿日:2008/07/27(日) 20:36:38.05 ID:oFVFu5Or0

lw´‐ _‐ノv「デレツン」

(;;^ω^)「ん……ン……」

lw´‐ _‐ノv「……」

( ´ω`)「……もう思いつきませんお、僕の負けですお」

lw´‐ _‐ノv「勝利」

(ヽ^ω^)「……」

lw´‐ _‐ノv「なんだか落ち着きました」

(ヽ^ω^)「……それはよかったですお」

lw´‐ _‐ノv「今日は良く眠れそうです」

(ヽ^ω^)「……」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:投稿日:2008/07/27(日) 20:38:28.16 ID:oFVFu5Or0

lw´‐ _‐ノv「……そういえば」

(ヽ^ω^)「……なんですかお?」

lw´‐ _‐ノv「米はここの気候じゃ育ちません。では」

シュー去る

(ヽ^ω^)「……」

(;゚ω゚) (死ぬほど不毛な時間だったお!!!!)

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:投稿日:2008/07/27(日) 20:39:54.48 ID:oFVFu5Or0

    *     *

@シュールの部屋


('∀`)「いきなり出てきてゴッメーン、誠にすみまメーン」

lw´‐ _‐ノv「……」

('∀`)「イマジン 暇人(ひまじん)」

lw´‐ _‐ノv「……」



('∀`) ←暇人
(*゚ー゚) ←量産型奴隷少女(未契約)

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:投稿日:2008/07/27(日) 20:40:32.08 ID:oFVFu5Or0

lw´‐ _‐ノv「どちら様で?」

('∀`)「奴隷商人のドクオのドクオでっす☆」

(*゚ー゚)「しぃです」

lw´‐ _‐ノv「さっきのしぃとは別人、いや、別しぃ?」

(*゚ー゚)「はい」


('∀`)「ねぇねぇ」


lw´‐ _‐ノv「姉妹なのですか?」

(*゚ー゚)「いいえ、私達は本質的に同じものだから」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:投稿日:2008/07/27(日) 20:42:06.02 ID:oFVFu5Or0

('∀`)「はーい、ちょっと僕に注目してー☆」


lw´‐ _‐ノv「本質的に同じ?」

(*゚ー゚)「ええ。複製なんです。ドクオさんの言葉を借りるなら複製存在です」

lw´‐ _‐ノv「……じゃあ、魔力で生み出された?」

(*゚ー゚)「生み出されたというよりも、私は魔力そのものです。
     だから死ぬと魔量が溶け出して霧散してしまいますし、生殖能力もありません」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:投稿日:2008/07/27(日) 20:42:58.42 ID:oFVFu5Or0

('∀`)「ねぇー、お二人さーん? 聞いてる~??」


lw´‐ _‐ノv「セックス出来ないんですか?」

(*゚ー゚)「するだけなら出来ますけど、子供は無理ですね」

lw´‐ _‐ノv「子供が……。そうですか。ごめんなさい。悪いことを聞いてしまった」

(*゚ー゚)「いいんです。それに子供が出来たって私は三十三までしか生きられませんから」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:投稿日:2008/07/27(日) 20:44:14.98 ID:oFVFu5Or0

('∀`)「ヘイ! ガールズ!! プリーズ リスントゥミー!」


lw´‐ _‐ノv「それは、複製……だから?」

(*゚ー゚)「……わかりません」

lw´‐ _‐ノv「……そうですか、すいません。ズカズカ聞いてしまって」

(*゚ー゚)「いいえ、気にしないでください」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:投稿日:2008/07/27(日) 20:46:08.26 ID:oFVFu5Or0

('∀`)「あのー、すいません、そろそろ良いッスか?」

lw´‐ _‐ノv「……どちら様で?」

(*゚ー゚)「私がお世話になっている、ドクオさんです」

('∀`)「どもー」

lw´‐ _‐ノv「……」

('∀`)「どもー」

lw´‐ _‐ノv「……」

('∀`)「どもー」

lw´‐ _‐ノv「……」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:投稿日:2008/07/27(日) 20:46:54.21 ID:oFVFu5Or0

lw´‐ _‐ノv「……何の御用ですか?」

('∀`)「暇人過ぎて遊びに来ました!!」

lw´‐ _‐ノv「……」

('∀`)「……」

lw´‐ _‐ノv「……」

('∀`)「……」

lw´‐ _‐ノv「……なるほど」

('∀`)「……」

lw´‐ _‐ノv「お帰りください」

('∀`)「I☆YA☆DA」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:投稿日:2008/07/27(日) 20:47:48.16 ID:oFVFu5Or0

('∀`)「僕さー、複製できるわけよ」

lw´‐ _‐ノv「……」

('∀`)「分かる? 完全な複製が出来るわけよ。人間でもさ」

lw´‐ _‐ノv「……」

('∀`)「君の大事な人、複製できちゃうよ?」

lw´‐ _‐ノv「……」

('∀`)「明日、戦争に行くんでしょ? 死んじゃうかもしれないんでしょ? いいの?」

lw´‐ _‐ノv「……」

('∀`)「……」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:投稿日:2008/07/27(日) 20:48:43.23 ID:oFVFu5Or0

lw´‐ _‐ノv「……何でも複製できるんですか?」

('∀`)「世界とかそういう馬鹿でかいものじゃないならね☆」

lw´‐ _‐ノv「……」

('∀`)「……」

lw´‐ _‐ノv「じゃあ……」

('∀`)「……」

lw´‐ _‐ノv「……複製してください」

('∀`)「分かった。本人の許可もいるから――」

lw´‐ _‐ノv「いえ、そうではなく」

('∀`)「……?」

lw´‐ _‐ノv「私が複製して欲しいのは――」


54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:投稿日:2008/07/27(日) 20:49:18.98 ID:oFVFu5Or0

    *     *
翌日

(;^ω^) (赤揃えの鎧……!! 『臓腑撒き』まででてきたのかお!!?)

(;^ω^)「全員逃げろお!! このままじゃ全滅するお! ミセリ早く馬に乗れお!!

ミセ* ⊿ )リ「もう間に合わん!! 先にいけ!」

(;^ω^)「……」

ミセ* ⊿ )リ「撹乱と陽動なら私個人の力で何とかなる! お前達は生き延びろ!!」

( ω )「……頼みましたお」

ミセ*゚ー゚)リ「分かった。貴様も姫様を頼む!」

( ^ω^)「分かりましたお!」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:投稿日:2008/07/27(日) 20:50:19.11 ID:oFVFu5Or0

ミセ*゚ー゚)リ (まさか単身で二万の兵の中に飛び込むことになるとはな)

ミセ*゚ー゚)リ (……それも運命か)

ミセ*゚ー゚)リ「我が疾速と代価の精霊に命ず。私に力を貸せ、代価は――」

ミセ*゚ー゚)リ (代価は記憶……どこまで記憶が残ることやら)

ミセ*゚ー゚)リ「我が記憶、好きなだけ喰らうが良いさ」

ミセ*゚ー゚)リ (最低でも前日まで記憶は残るが、何かを拷問されたとしても吐くことも無いだろう)

ミセ*゚ー゚)リ (ブーンという男のことも、魔女のことも、私の記憶に残らない)

ミセ* ⊿ )リ (まぁそれも生き延びた時の話。どうせ私は――)

ミセ*゚ー゚)リ「どれ、一つ大将の首でもいただきにいくとするか」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:投稿日:2008/07/27(日) 20:51:11.64 ID:oFVFu5Or0

   *     *

数日後

ζ( ー *ζ「かえって来ないわね……」

lw´‐ _‐ノv「……大丈夫ですよ」

ζ( ー *ζ「……なにが?」

lw´‐ _‐ノv「ミセリ様は死んでいません」

ζ( ー *ζ「……どうしてそんなこと分かるの?」

lw´‐ _‐ノv「複製してもらいましたから」

ζ(゚ー゚*ζ「複製?」

lw´‐ _‐ノv「はい」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:投稿日:2008/07/27(日) 20:51:49.59 ID:oFVFu5Or0

ζ(゚ー゚*ζ「どういうこと?」

lw´‐ _‐ノv「ミセリ様の複製された命運を私は背負っています」

lw´‐ _‐ノv「命運は命の運び、彼女が死ねば私も死にます」

lw´‐ _‐ノv「だから大丈夫です。私が生きている限り、彼女は生きています」

ζ(゚ー゚*ζ「そんな……! どうしてそんなこと……」

lw´‐ _‐ノv「私はミセリ様のことが好きでした。だからです」

lw´‐ _‐ノv「彼女のいない世界なんて私には興味ありません」

ζ(゚ー゚*ζ「……そう、だったの……」

lw´‐ _‐ノv「……」

ζ(゚ー゚*ζ「……」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:投稿日:2008/07/27(日) 20:52:35.35 ID:oFVFu5Or0

lw´‐ _‐ノv「ミセリ様は命がけであなたを守った」

lw´‐ _‐ノv「私はあの人がそうまでして守ったあなただからこうしてお世話している」

lw´‐ _‐ノv「……でも、本当はちょっと違います」

ζ(゚ー゚*ζ「え……」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:投稿日:2008/07/27(日) 20:53:27.78 ID:oFVFu5Or0

lw´‐ _‐ノv「私はミセリ様にそこまで大事にされるあなたが羨ましかった」

lw´‐ _‐ノv「私のことなど、あの人はそれほど気に留めないでしょう?」

lw´‐ _‐ノv「本当はそんなことわかっていたんです。それでも認めたくないじゃありませんか」

ζ(゚ー゚*ζ「……」

lw´‐ _‐ノv「これは復讐なんです」

lw´‐ _‐ノv「もしあなたの目の前で私が死ねば、あなたに彼女を死を私が伝えることが出来る」

lw´‐ _‐ノv「それが私にできる復讐、あの人命をかけて守ったあなたへの」


62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:投稿日:2008/07/27(日) 20:54:33.33 ID:oFVFu5Or0

lw´‐ _‐ノv「だけど、あの人が生きているなら私はあなたの希望であり続けます」

lw´‐ _‐ノv「あの人の大事にしていた人は、私の大事な人でもあります」

lw´‐ _‐ノv「だから私は喜んであなたの身の回りのお世話をします」


lw´‐ _‐ノv「あの人が生きているなら、あなたは私にとってあの人が守った大事な人」

lw´‐ _‐ノv「でもあの人が死んでしまったのなら、あの人を殺したあなたを私は許したくありません」

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:投稿日:2008/07/27(日) 20:55:21.96 ID:oFVFu5Or0

lw´‐ _‐ノv「私はこんな人間ですけど、それでも御傍においていただけますか?」

ζ(゚ー゚*ζ「……ええ」

lw´‐ _‐ノv「……そうですか」

ζ(゚ー゚*ζ「うん」

lw´‐ _‐ノv「……」

ζ(゚ー゚*ζ「私もね、少しお話していい?」

lw´‐ _‐ノv「……はい」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:投稿日:2008/07/27(日) 20:56:36.63 ID:oFVFu5Or0

ζ(゚ー゚*ζ「私ね、この国の王族でしょう?」

ζ(゚ー゚*ζ「だからなんていうか小さな頃からそういう風に育ってきたの」

lw´‐ _‐ノv「……」

ζ(゚ー゚*ζ「そうすると同じ年齢の友達なんかもいないわけ」

ζ(゚ー゚*ζ「だから一緒に遊んだりとか、喧嘩したりとかそういう経験ないんだ」

ζ(゚ー゚*ζ「だって話相手は時々姿を見せる父と、私のことなんかほとんど気に留めない母だけよ」

ζ(゚ー゚*ζ「そうやって育っていって、十八の時、ミセリが近衛に来てくれてすごいうれしかったわ」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:投稿日:2008/07/27(日) 20:57:26.80 ID:oFVFu5Or0

ζ(゚ー゚*ζ「私の全然知らない外の世界のことを沢山知っていたし」

ζ(゚ー゚*ζ「おかげで困窮する民の生活も知ることが出来た」

ζ(゚ー゚*ζ「色んな意見を言ってくれて、それで衝突することもあった」

ζ(゚ー゚*ζ「でもそれって私にしてみればすごく貴重なことだった」

ζ(゚ー゚*ζ「感情までぶつけられて言い合いになることはなんてミセリが来るまでなかったもの」

ζ(゚ー゚*ζ「対等な立場で、私に向かってしっかり意見を言ってくれる人がいてうれしいかった」

ζ(゚ー゚*ζ「だからさっきのあなたが言ってくれたことはうれしかった」

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:投稿日:2008/07/27(日) 20:58:19.68 ID:oFVFu5Or0

lw´‐ _‐ノv「……そうですか」

ζ(゚ー゚*ζ「ええ。これからもよろしくね、シュー」

lw´‐ _‐ノv「……はい」

ζ(゚ー゚*ζ「またあの子が戻ってきたら、おいしい紅茶を淹れて。そしたら三人で飲みましょう」

lw´‐ _‐ノv「……」

ζ(゚ー゚*ζ「……」

lw´‐ _‐ノv「……はい」

                 おしまい。

決戦前夜給仕シュールのようです
ttp://yutori.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1217154494/





  
NEW / TOP / OLD
★僕の小規模なブーン系生活  ★Author→小規模/ブーン系生活

  ★Designed by MACAREO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。