上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 目次
3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2008/11/15(土) 00:19:16.46 ID:XrPv8jslO


   ※



 甲高いベルの音が校舎内に響き渡る。
 耳に突き刺さるその音に、ブーンも皆も驚いて固まった。

(;^ω^)(?! 警報器?! 何事だお?!)

『……現在校内にいる全人間に告ぐ! 即刻校内から退避せよ!』

 ベルに混じり女性の声がスピーカーから発せられた。
 女性の声は繰り返す、と言い、

『即刻校内から退避せよ! これは訓練では無い!』

(;^ω^)(……どうなってるんだお……? 聞いたこと無い声だお……)
  _
( ゚∀゚)「……皆!!」

 困惑に騒つく教室で、ジョルジュが一際大きい声を上げた。

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2008/11/15(土) 00:20:54.33 ID:XrPv8jslO
 皆の視線の中、ジョルジュは両の手を口元に添え、
  _
( ゚∀゚)「何ボサッとしてんだよ! 言われた通り避難しようぜ!」

从;゚∀从「は? ちょっと待てよジョルジュ!」

 ハインリッヒが負けず劣らず大声で言う。

从;゚∀从「何言ってんのかわかってるのか?! いきなりあんなわけの分からない声、信じるのかよ?!
      大体今のじゃ状況が全く掴めてないぞ! もしかしたらただの悪戯じゃないのか?!」
  _
( ゚∀゚)「――違うって!!」

 ジョルジュは断言する。
  _
( ゚∀゚)「今は俺を信じて、皆従ってくれ! ――頼む!」

 ジョルジュの目は真剣そのものだ。
 ふざけて言っているわけじゃない。

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2008/11/15(土) 00:22:30.96 ID:XrPv8jslO

(;^ω^)(……ジョルジュ……?)

 教室に緊張が走る。
 更に膨らむ騒めきの中、

从 ゚∀从「……よくわからないけど、後でちゃんと説明してもらうぞ」
  _
( ゚∀゚)「任せとけって」

 目を合わせ頷く。

从 ゚∀从「よし、お前ら! 授業サボるぞ! 心配いらねえ、教師から文句来たら
      “ジョルジュ君が出てかないと掘るぞと脅されて”って言っとけっ!」

 またもや教室に、主に半数に沈黙の形で緊張が走った。
 再び皆の視線の中、ジョルジュはズボンのジッパーに手を掛け、
  _
( ゚∀゚)「――掘られたい奴はやらないか――!!」

「「「アッ――!!」」」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2008/11/15(土) 00:23:57.43 ID:XrPv8jslO
 ある者は尻を押さえ飛び出し、ある者はケータイのカメラを起動して居残ろうとし、
ある者はそんな奴らの襟首を引っ掴んで引き摺りだす。
 一斉に人が居なくなった教室に残ったのは、ブーン達三人だけだ。
  _
( ゚∀゚)「よし、俺達も行こうぜ」

 おう、とハインリッヒが頷き、ブーンもそれに続こうとして、

( ^ω^)「―――」

 何かが聞こえてきた。
 最初は耳鳴りだと思った。
 鼓膜を貫く電子音は一瞬で奥へ駆け抜け、

(; ω )「――!!」

 頭の奥を刺し貫くような痛み。
 視界を稲妻が覆い、意識が飛んだ。

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2008/11/15(土) 00:25:38.03 ID:XrPv8jslO



   ※



 “それ”は何も憶えていなかった。
 今がいつで、ここがどこで、自分はなんなのかすら。
 ただ一つわかること。
 それは自身の奥に、体を突き動かすものが蠢いていることだった。

 ――憎い。

 壁、階段、窓、扉、机、椅子、黒板、花瓶、花、蛍光灯、箒、バケツ、雑巾、カーテン、
掲示板、消火器、警報器、床、天井、重力、温度、空気、音、光、およそ映り触れ感じるもの。

 ――全て憎い。

 投げて叩いて千切って壊して潰しても、収まらない。

 ――何故こんなにも憎い。

 その時、五感が何かを捉えた。
 人。
 見たことある服を来た、知らない顔の女。
 四角い空間から細長い空間に首を出したら、目が合った。

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2008/11/15(土) 00:27:42.49 ID:XrPv8jslO
 何か叫びながら背を向け、自分から遠ざかっていく。

 声。
 姿。
 恐怖に歪む顔。
 必死に走ろうとする動作。
 その全てが、蠢く何かを逆撫でした。

 怒り叫び、飛び出す。
 前倒し気味の体は一歩目で最高速に乗り、距離を詰め、女の背中に手が、

 ――?!

 届かなかった。
 何故なら、

('、`#川「――っ!!」

 女を掴む寸前、真横から飛び出した女に突き飛ばされたからだ。
 顔面を、棒のような物で突かれた。

 ベクトルがずれ、追っていた女の横を転がり、壁にぶつかる。

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2008/11/15(土) 00:29:42.96 ID:XrPv8jslO
 目が回った。

('、`#川「そのまま走って! 逃げなさい!」

 突き飛ばした女がこちらに棒を向け叫ぶ。
 立ち上がった時には、追っていた女は居なかった。

 ――この女……!

 知っている。
 自分はこいつを知っている。

 ――憎い……!

 今までに無いほど、体中を痛く蠢いた。
 咆哮し、牙を剥きだし、目を見開く。


 ――必ず、殺してやる……!!




12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2008/11/15(土) 00:31:34.88 ID:XrPv8jslO



   ※



「……! ブーン!」

(  ω )(――呼ばれてるお)
  _
(; ∀ )「……かりしろ! ブーン!」

(  ω )(――さっきのは、何だお? 姉さん……?)

从; ∀从「どうしたんだおい?! ブーン起きろ!」

( ^ω^)「……お」

 ゆっくり目を開ける。
 視界の真横には壁があって、体がそれに張り付いている。
 隣には壁に垂直に足を着けたジョルジュとハインリッヒが、膝を折ってブーンを伺っている。
 今、ブーンは俯せに倒れて込んでいた。

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2008/11/15(土) 00:33:18.45 ID:XrPv8jslO
  _
(;゚∀゚)「ブーン! 大丈夫か?!」

从#゚∀从「いきなり倒れんな! びっくりするだろうが!」

 ブーンが気が付いたのに気付き、安堵の表情のジョルジュと怒るハインリッヒ。
 ごめんだお、としっかり立ち上がる。

( ^ω^)「急に頭痛がして、今は大丈夫だけど……どうしてたんだお僕?」

 こめかみに手を当てる。
 先程の痛みは、毛の先ほども残ってない。

从 ゚∀从「ふらっと倒れて一分くらい気絶してたんだよ、お前」
  _
( ゚∀゚)「貧血か何か? とにかく今はここを出るぞ。 歩けるか?」

( ^ω^)(……夢、だったのかお?)

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2008/11/15(土) 00:34:47.42 ID:XrPv8jslO
 それにしては妙な生々しさがあった。
 分からない。
 だが気にしても仕方ないと思い、ジョルジュに頷いて三人とも教室を出る。

 その時、

⌒*リ´;-;リ「――助けて! 誰か!」

 廊下の一番奥から、小柄な女生徒が駆けてきた。
 女生徒は目尻に涙を浮かべ、息も絶え絶えだった。
 尋常な様子じゃない。

 よろけ倒れそうな彼女を、直ぐ様ハインリッヒが支えた。

从;゚∀从「お、おいどうした? 何があった?」

⌒*リ´;-;リ「誰か……生徒、会長が……!」

(;^ω^)「! 姉さん?!」
  _
(;゚∀゚)「生徒会長がどうしたんだ?!」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2008/11/15(土) 00:36:15.53 ID:XrPv8jslO

从#゚∀从「馬鹿野郎、黙ってろ!」

 目の色を変えるブーン達にハインリッヒは一喝すると、ゆっくりと優しげに話し掛ける。

从 ゚∀从「落ち着け。 大丈夫だ、深呼吸しろ。 ……一体何があった?」

 震えながらも女生徒は言われた通り何度も深呼吸すると、やがて嗚咽混じりに話しだした。

⌒*リ´;-;リ「忘れ物、して。 すぐ、戻るつもり、で。 そしたら、教室、から、ば、化け物が……」

 この時、他の二人は化け物という単語に固まっていたが、ブーンには嫌な予感がよぎっていた。

(;^ω^)(……まさか……)

 違う、あんなものは。
 ただの夢だ。
 ――あんなことが、現実に起こるはずが無い。

⌒*リ´;-;リ「逃げよ、としたら、捕まりそうに、なって。 そしたら、生徒、会長が」

 ――逃げろ、って。

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2008/11/15(土) 00:37:43.32 ID:XrPv8jslO

(; ω )「―――!」

 息を飲む。
 ブーンは理解した。
 慌てていて支離滅裂だが、この子の言っていることは本当だと。

 何故かはわからないが、自分の見たものも事実なのだと。
 そしてそれは、

(;^ω^)「――姉さん!」

 ペニサスが危ないということだった。
 二人の制止の声も聞かず、女生徒の走ってきた方へ走りだす。
 さっき見た映像が現実なら、

(;^ω^)(――四階!)

 廊下奥、突き当たりの階段を全速力で駆け上った。

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2008/11/15(土) 00:39:42.92 ID:XrPv8jslO



   ※



 ペニサスは廊下で、箒を構え化け物と対峙していた。
 化け物との距離は約三歩分。
 相手も構え牽制しながら、じりじりと間合いを狭めていく。

('、`;川(――なんなの、こいつ)

 先程箒を突いた両手は、鉄を殴ったように痺れている。
 ありえない程硬い手応えだった。
 相手は人間に近い二足歩行をしているが、決して人間では無い。

 大きい目は水晶体のように硬質。
 頭髪の無い頭部の前側には、鬼のような一本角。
 ワニのように耳まで裂けた口は、猛獣を思わせる牙を備え。

 鎧のように角張った灰色の体の表面は、ぬめって不気味に光り、間接の隙間から覗かせる筋肉は紫。
 筋肉と同じ色をした太い舌は、牙の間から垂れてびくりと脈動している。
 まるで非現実的生物が、目の前に存在していた。

('、`;川(――さっきの警報とかは、こいつの事なの……?)

 ペニサスはその姿に、悪寒で身を竦ませた。

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2008/11/15(土) 00:41:37.59 ID:XrPv8jslO

('、`;川(――とにかく今は……)

 避難している人達の為に、時間を稼ぐ。
 怖くないわけではない。
 出来るなら背を向けて逃げ出したいし、気を抜けば足が崩れそうだ。

 だが、それでも、

('、`#川「あんたなんかの好きにさせないわよ……!」

 既に距離は二歩分。
 先手必勝、右足を一歩踏み両手で箒を握ると、取っ手側先端で突きを放つ。
 狙いは首、喉仏。

 そこは他と比べ間接の隙間が大きい。
 頑丈そうな体だが筋肉を、しかも人間ならば急所となるところなら、
直接叩けば大きなダメージになるかもしれない。

 腕を伸ばし切り、高速に乗った先端はしかし、

( q,,p)「――!」

 広げた手の平で容易く受け止められる。

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2008/11/15(土) 00:42:37.95 ID:XrPv8jslO

('、`#川(――まだ!)

 しかし、その程度は予測内。
 つんのめるような勢いはそのままに、両手を箒から手放した。
 箒の下を潜るように身を屈め、左足を踏み込む。

 踏み込んだ足を軸に、後ろにある右足を引き寄せた。
 大きく振り回す。
 刈るような蹴りで左踝の間接を狙った。

('、`#川「――っ!!」

 当たった。
 極太の鉄柱を蹴ったような反動と衝撃に、想像以上に足の骨が痺れる。
 ヒビが入ったかもしれないが、構わない。

 両足を掬うように振り抜いた。

( q,,p)「――ダッ?!」

 足を掬い上げられ、化け物が左肩から床に落ちた。。

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2008/11/15(土) 00:43:55.29 ID:XrPv8jslO

('、`#川(――足の痛みが来る前に追撃!)

 立ち上がり様に両手を上へ。
 手に落ちてくるのは、手放した箒。
 捕まえて振り上げ、無防備な喉へ振り下ろす。

 これで気絶でもしてくれれば儲け物だ。
 手負いでも楽に逃げ切れる。
 だが振り下ろすよりも早く、

( q,,p)「ニダア!」

('、`;川「な――」

 化け物の口から矢のように放たれた舌先が、右肩に突き刺さった。

('、`;川「っ――!」

 貫かれる痛みに手から箒が離れた。
 衝撃で体が宙を浮き、背後へ飛ばされる。
 受け身も取れず、背中から床に叩きつけられた。

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2008/11/15(土) 00:45:42.37 ID:XrPv8jslO
 肺から無理矢理空気が押し出され、息が詰まる。

('、`;川「――かっ、あ?!」

 呼吸が出来ず体が勝手に空気を吸い込もうとして、肺が痛んだ。
 咳き込み、鼻の奥が刺激される。
 それでもなんとか立ち上がろうと、

( q,,p)「ニィダアア!!」

 先に立ち上がった化け物が腹部を蹴り飛ばした。
 重たく苦しい一撃をまともに喰らう。
 悲鳴を上げる間もなく世界が転がり、床を滑る。

 摩擦で停止した途端、砕けた足と刺された肩と蹴られた腹を激痛が襲った。
 呼吸すら許されない痛みに加え、体中の疲労感に意識が痺れていく。

( 、 ;川(――このまま、じゃ……)

 ここで気を失ったら、確実に化け物に殺される。

( 、 ;川(――何とか……耐えて……)

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2008/11/15(土) 00:46:49.83 ID:XrPv8jslO
 必死に意識にしがみつこうとする。
 しかし耐えられない。
 視界が急速に薄れていき、悔しさが胸を締める。

(   )「―――よく頑張った」

 気を失う寸前、突然近くから男の声がした気がした。

( 、  川(――だ、れ……?)

 その声は力強く、優しげに、

(   )「――後は、任せろ」

 そしてペニサスは、意識を完全に手放した。

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2008/11/15(土) 00:48:22.47 ID:XrPv8jslO



   ※



 階段を二段飛ばしで駆け上りながら、ブーンは奇妙な声を聞いた。
 それは猛獣の唸り声に似ていたが、聞いたことも無いような醜悪な声だった。
 きっと、あの化け物の声に違いないだろう。


(;^ω^)(……姉さん、無事でいてくれお!)

 三階と四階間の踊り場を過ぎ、走るように駆け上った。
 上り切った廊下には、三つの人影があった。

 一つは、夢で見た化け物の背。
 もう一つは、奥で肩を血で濡らし倒れるボロボロのペニサス。
 そして最後は、

(;^ω^)(……さっき校門に居た……!)

 二人の間に立つ、フルフェイスのヘルメットを被った黒服の人物。
 黒服はペニサスを背に、化け物と向かい合っている。
 倒れたペニサスを黒服が庇うように、化け物に立ち塞がっているように見えた。

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2008/11/15(土) 00:50:19.80 ID:XrPv8jslO
 姉さん、と思わず叫びそうになって、

(   )「……動くな」

 無感情な男の声が響く。
 発したのは、化け物と対峙した黒服だ。
 顔は化け物から逸らさなかったが、視線を感じたブーンは自分に言ったのだとわかった。

(   )「俺が引き付ける。 その間に連れて逃げろ」

(;^ω^)(……一体何者なんだお……?)

 淡々とした口調に、聞き覚えは全く無い。
 格好だけ見ればどう見ても不審人物だ。
 怪し過ぎる。

 だが黒服の後ろにはペニサスがいる。
 怪我をして、気を失っているのか動かない。

(;^ω^)(……信じて、いいのかお?)

 否、今は信じるしかペニサスを助けられないのだ。

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2008/11/15(土) 00:52:05.03 ID:XrPv8jslO
 頷くと黒服が視線を正面、化け物へ向けた。

(;^ω^)(……でも、引き付けるって言ってもどうやって……)

( q,,p)「……ドケエエ……ジャマダニダア!」

(;^ω^)(――な……?!)

 猛獣が吠えるような声で、化け物が人語を喋った。
 化け物は黒服に見せ付けるように、大口を開け鋭利な牙を向ける。

( q,,p)「ウリワ、ソノオンナヲコロスニダア!
      ジャマヲスルナラ、オマエモコロスニダアア!!」

(   )「……黙れ脳無し」

 だが黒服は化け物の前で平然としていた。

(   )「理性のあるうちに殺されたいなら大人しくしていろ、楽にしてやる。
      嫌だと言うなら――」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2008/11/15(土) 00:53:13.23 ID:XrPv8jslO

( q,,p)「フザケロニダアアアッ!!」

 化け物が一瞬で間合いを詰める。
 瞬間、まるで感電したような痛みが瞬きほどの間脳を流れた。
 黒服の体が稲光を纏い、黒服の姿が無くなる。

 代わりに黒服の居たところに、

( ЯмR)「――無理矢理殺す」

 新たな黒い化け物が現れた。

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2008/11/15(土) 00:55:34.20 ID:XrPv8jslO



   ※



 ブーンは、黒の化け物が灰色の化け物を叩き潰したのを見た。
 灰色の頭を掴み、床に叩きつけたのだ。
 爆音とともに床は砕け、その中に灰色の顔面が埋まっている。

(;^ω^)「………」

 言葉を失うとは、正にこの事だと思った。

 獲物を裂く為の凶悪な爪。
 体中を覆う刺々しい黒の甲殻。
 深紅に妖しく光る、魔性の眼。
 頭から一対生えた、金に輝く大山羊の捻れ角。

 恐怖を感じさせるその姿はまるで、

( ЯмR)「………」

 悪魔のようだった。

( q,,p)「二イ……ダア……!」

 押さえ付けられた手を外そうと、灰色が黒の腕を掴んだ。
 だが押しても引いても、黒の腕はびくともしない。

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2008/11/15(土) 00:57:40.82 ID:XrPv8jslO
 黒は頭を掴んだまま持ち上げ、灰色を宙吊りにする。
 そして、

( ЯмR)「――!」

 空いている拳を振り被り、ボディブローを叩き込んだ。

( q,,p)「ガッ!」

 鉄を打つような音がくぐもって響き、灰色が身をくの字に折る。
 もう一度振り被り、二発目。
 三発目。

 連打を叩き込む。
 四発目を振り被ろうとした時、拳を捕まれた。
 黒の両手を封じた灰色は、バネのように足を折り縮め胸に蹴りを放つ。

( q,,p)「ニィダア!」

( ЯмR)「……!」

 堪え切れず、灰色を離し後退する黒。
 その隙に距離を取った灰色は、伸ばした舌を蛇のように操り黒の首に巻き付けた。
 絞め落とそうとするように舌を引き絞り、首を絞める。

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2008/11/15(土) 00:59:21.14 ID:XrPv8jslO
 黒は舌を外そうと掴んで藻掻くが、がっちり巻き付かれ外れない。

(;^ω^)(……まずいお!)

 このままでは黒がやられてしまう。
 焦るが、ブーンにはどうすることも出来ない。
 朝の出来事が頭の中を過る。

( ЯмR)「クッ……!」

 黒が腕を振り、何かを掴むように手を広げた。
 すると手の上に細長い稲光が迸り、そこに武器が出現した。
 斧と槍を組み合わせたような形。

 身の丈を超える長さの、黒いハルバート。
 一閃、舌を斬り払った。

 斬られた舌から体液を散らせ、灰色が悲鳴を上げた。
 巻き付いていた舌を引き剥がし、黒が地を蹴る。
 首を掴み上げ、円盤投げのように振り回した。

 黒の竜巻は軌道上にあった壁を打ち壊し、窓に投げ付けた。
 灰色の豪速球はガラスを高音とともに散らせ粉砕。
 外へ落下していった。

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2008/11/15(土) 01:00:42.09 ID:XrPv8jslO

( ЯмR)「……今のうちだ」

(;^ω^)「……!」

 そう言うと、黒は灰色の後を追って窓の外へ飛び出した。
 言われはっとなった。

(;^ω^)(――何傍観者になってるんだお!)

 急いでペニサスに駆け寄る。
 姉さん、としゃがんで呼び掛けるが、動く気配は全く無い。
 肩に広がる赤色は止まらい。

 最悪の想像に目が潤むのを、必死で堪える。

(;^ω^)「どうすれば……」

 気を失っている人間を無理に動かすのは危険だ。
 かと言って、ここに置いていたら出血死してしまうかもしれない。
 止血が必要だ。

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2008/11/15(土) 01:01:48.63 ID:XrPv8jslO
 ハンカチを取出し、肩の付け根をしっかり縛った。
 次はどうすれば、と考えたその時。
  _
(;゚∀゚)「ブーン!」

 追い掛けてきたのだろう、背後からジョルジュの声が聞こえてきた。

 ジョルジュ、と言おうと振り返って、

(;^ω^)「―――」

 目に飛び込んできたのは。
 こちらに駆けてくるジョルジュと。
 その後ろ、屋上へ続く階段から表れた、

( q,,p)「――アア?」

 こちらを見ている灰色の化け物。
 ジョルジュは、気付いていない。

(;^ω^)「逃げろおジョルジュ――!!」
  _
(;゚∀゚)「?!」

 叫び、ジョルジュが気付き振り返る。

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2008/11/15(土) 01:04:14.29 ID:XrPv8jslO
 遅過ぎた。
 既に背後に迫った新たな灰色は、低い姿勢で太い腕を振り被った。
 フルスイング。

 腕がジョルジュを捉え吹っ飛ばし、壁に叩きつけられた。
 轟音とともに、木材が折れたような音が鳴る。
 が、とジョルジュの口が動き、床に崩れ落ちた。

( q,,p)「……ウウン?」

 化け物は振り抜いた手をぶらぶらと振ると、首を横に傾けた。
 まるで自分のしたことが理解できないかのように。

(;^ω^)(……ジョルジュ……!)

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2008/11/15(土) 01:05:27.68 ID:XrPv8jslO
 最悪だ。
 どうする。
 ――二人を置いて逃げてしまうか?

(; ω )(……そんなこと出来るわけ無いお!)

 立ち向かうか。
 ――非力なくせにどうやって?

(; ω )(……くっ……)

 ――自分には何も出来ないのか?

(# ω )(……違うお……!)

 違う。
 そうじゃない。
 やらなくてはいけない。

 何故なら、非力だろうと不可能だろうと、

(#^ω^)(――二人を守れるのは、僕しかいないんだお!)

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2008/11/15(土) 01:06:51.16 ID:XrPv8jslO
 今立ち上がらず、何時立ち上がるというのか。
 あ、と口に出せば、自然と連なる叫びとなった。

(#^ω^)「――!」

 不安を打ち消すように、震える体が立ち上がる。

( q,,p)「フウン?」

 首を傾けたまま、化け物の顔がこちらを向いた。

(#^ω^)「……!」

 心臓の鼓動が痛い。
 寒くもないのに歯が鳴り止まない。
 爪が食い込みそうなほど握り締めた拳は、汗で湿っている。
 それでも、決して目を逸らさず睨み付けた。

( q,,p)「……オマエ、ブウン?」

(;^ω^)「?!」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2008/11/15(土) 01:07:56.18 ID:XrPv8jslO
 野太い声で名を呼ばれた。
 先程と同様、この化け物も喋れるということだがそれよりも、

(;^ω^)(――僕を知ってる?!)

(;^ω^)「……お、お前、誰だお?!」

( q,,p)「アア? オレダヨ、サイトウダヨ? ミテワカンナイ?」

(;^ω^)「な……」

 ありえない。

(;^ω^)(……この化け物が、サイトウ?!)

 確かに、独特の口調はサイトウに似ているかもしれない。
 だが人が化け物になるはずが――

(;^ω^)(――ある、あったお!)

 そうだ。
 この目で見たではないか。
 黒服の人物が黒い化け物に変身するのを。

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2008/11/15(土) 01:09:11.99 ID:XrPv8jslO
 ならば先程の化け物、あの妙な口癖は、

(;^ω^)(……まさか、ニダー……?!)

( q,,p)「ダマンナイデクレル? イマスッゲエイイキブンナンダカラサア?」

 ガハ、とサイトウを名乗る化け物は、笑うように口を広げた。

( q,,p)「オレ、イマナラナンデモデキルキガスルナア?
      テストデヒャクテントレルシ、ジョルジュタチニモマケナイシ――」

 ぶら下がっていた舌をぐるりと回して舌舐めずりする。

( q,,p)「――オマエダッテ、カンタンニコロセチャウヨ?」

 言葉の端々から、愉悦に酔う狂気が感じられた。
 間違いなく、殺す気だ。
 姿だけじゃなく、意識も既に正気じゃない。

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2008/11/15(土) 01:10:53.47 ID:XrPv8jslO
  _
(  ∀ )「……待てよ」

 倒れていたジョルジュが、力無くだがしっかりと立ち上がった。
  _
(  ∀ )「誰に勝てるだって……?」

 壁に背中を預け、サイトウを見る。
 その左腕は動かず、ぶらんと肩にぶら下がっているだけのように見えた。

(;^ω^)「ジョルジュ、まさか……」

 折れて、と言おうとして、
  _
(;゚∀゚)「ブーン」

 ジョルジュの真剣な声が遮った。
  _
(;゚∀゚)「ペニ姉さん連れて逃げろ」

(;^ω^)「! そんなこと出来るわけ無いお!」
  _
(;゚∀゚)「いいから聞け」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2008/11/15(土) 01:12:53.12 ID:XrPv8jslO
 いいか、と告げ、
  _
(;゚∀゚)「俺よりお前のほうが確実に逃げ切れる。 昔から、俺より足速いからな。
      それで、お前より俺のほうが確実にこいつを食い止められる。
      俺は、喧嘩で負け無しだからな」

(;^ω^)「でも!」
  _
(;゚∀゚)「心配すんなよ」

 ジョルジュが歯を見せ力強く笑う。
  _
(;゚∀゚)「俺はハインか死神以外には、殺されないからよ」

 壁から離れ、ブーン達を背後に置いてサイトウと対峙する。
  _
(;゚∀゚)「さあ、本当に勝てるか見せてもらうぜ。 まさか、今更ビビって前言撤回しないよな?」

( q,,p)「ゼンゲン、テツ……? ウゥン、ナニソレ? マアトニカク――」

 サイトウが動く。
 鋭くかち上げた膝が、無防備な腹に突き刺さった。

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2008/11/15(土) 01:14:02.47 ID:XrPv8jslO

( q,,p)「オマエカラコロスヨ?」

 膝を着いて咳き込むジョルジュ。
 その頭を、床に踏み付けた。
 擦り付けるように、踏み躙る。
  _
(; ∀ )「がはっ――」

(#^ω^)「――止めるおぉ!!」

 他の事など考えなかった。
 恐怖を吹き飛ばし、怒りが体を突き動かした。
 拳を振り上げ、真っすぐサイトウに突っ込む。

( q,,p)「アア?」

 こちらを向いたサイトウの顔、その口から鋭い舌先が顔目掛け放たれた。
 危ない、と思うと同時体の重心を横に傾ける。
 進行方向が一歩浅く曲がり、舌が耳の横を通り抜ける。

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2008/11/15(土) 01:15:04.86 ID:XrPv8jslO
 避けた、と思った時、

(;^ω^)「ぐ、う?!」

 舌が首に巻き付いた。
 がっちりと巻き付き引っ張られる。
 引き摺られ、サイトウの前に掲げられた。

 息が出来ない。
 舌は外れず、手足を手当たり次第振り回す。
 サイトウの顔、胸を殴り蹴り、しかし舌は外れない。

 苦しい。

(; ω )「が……ぁ……」

 視界が黒か白か、よくわからない光に覆われていく。
 手足の感覚が無く、動いているのか止まっているのかわからない。

(  ω )「――………」

 視界と体が自覚出来なくなった。
 意識が、途切れる。
 切れた。

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2008/11/15(土) 01:16:34.74 ID:XrPv8jslO



   ※



 ――目の前を色んな映像が駆け抜ける。

 姉さんを起こす朝。
 ジョルジュやハインと話してる日常。

 ――だけど鮮やかなそれらは。

 男二人きりの受験勉強。
 姉さんと一緒にこっそり覗いた、初めてハインがチョコを渡したところ。

 ――段々と色褪せ。

 泣いてる幼いハインと握手してる、泥だらけの幼いジョルジュ。
 夕焼けの公園で一人泣いている小さい男の子。

 ――セピア色に変わり。

 姉さんと初めて会った時。
 パパさんとママさんに初めて会った時。

 ――モノクロを過ぎて、光か闇になった。

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2008/11/15(土) 01:18:05.72 ID:XrPv8jslO



   ※



 ……初めまして、私の赤ちゃん。


 ……貴方に、私から初めてのプレゼントをあげる。


 ……取っておきの、素敵な名前を付けてあげるわね。


 ……貴方の名は……


 ――ホライゾン・ナイト――




52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2008/11/15(土) 01:20:06.83 ID:XrPv8jslO



   ※



 “それ”は愉悦に打ち震えていた。
 少し前まで自分が何であるかを考えていたはずだが、今はもうどうでもいい。
 自分が何者であろうと、この快楽の前では些細な事だ。

 今大事なのは。
 目の前のうざったいモノを殺せた事だ。
 モノは口をだらしなく開け、四肢は力を抜いて垂れ下がってる。

 モノを吊している舌からは、暴れていた時よりずっしりとした重さを感じる。

 ――ああ、堪らない。

 モノの終わる瞬間の、なんと面白い事。
 動いていたモノが、二度と動かなくなるのだ。
 他ならぬ自分の手によって。

 極上の愉悦だ。

 ――もっと、もっと。

 モノを終わらせてみよう。

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2008/11/15(土) 01:21:19.76 ID:XrPv8jslO
 次は足元にいるモノ。
 次の次は向こうに倒れてるモノ。
 次の次の次はこの世界に溢れるモノ達。

 満足するまで、終わらせてやる。

(  ω )「……―――」

 その時。
 吊したモノが微かに動いた気がした。
 そして、

 ――?!

 何かが顔面を強打した。 思いがけない衝撃に、よろけ後退する。
 解けた舌から着地するモノ。
 突き出されたその腕は、白いプレートを纏っていた。

(# ω )「――!」

 あ、と連なり続く轟き。

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2008/11/15(土) 01:23:37.94 ID:XrPv8jslO
 モノの体をまばゆい稲光が包み込んだ。
 稲光が消える。
 そこには。

 体を守る白のプレート。
 肩から生えた、翼のような紺青色のブレード。
 二本角の兜に灯る緑の眼と、額に輝く金剛石。


( ♀※♀)「――!!」


 甲冑を身に纏った、白騎士が立っていた。

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2008/11/15(土) 01:26:10.94 ID:XrPv8jslO
今回の投下は以上です。支援ありがとうございます。
>>36
>>39
オリジナルです。

( ^ω^)はアウトサイダーになったようです
http://jfk.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1226675711/





  
NEW / TOP / OLD
★僕の小規模なブーン系生活  ★Author→小規模/ブーン系生活

  ★Designed by MACAREO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。