上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2008/11/14(金) 00:17:15.32 ID:hB0b7q9i0
8( ^ω^)8「明るい笑顔を~振りまいて~♪」

8( ^ω^)8「お料理片手に~♪」

       .,,_  _,,=-、
       '、  ̄_  _.,! __       .r-,.  _   r -、
      _/  _!」 .└ 、( `┐   .,,=! └, !、 .ヽ ヽ  丿
     .(.     ┌-'( ヽ~ ,.-┐ `┐ .r'  r.、''" r' ./
      ゛,フ .,.  |   `j .`" .,/ .r'" ヽ  | .l  '、ヽ、
     ,,-.'  , 〈.|  |  i' .__i'"  .( .、i .{,_ノ ヽ  ヽ \
  、_ニ-一''~ ヽ   |  \_`i   丶,,,,、     }  ヽ_丿
         ヽ__,/            ~''''''''''''″
6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2008/11/14(金) 00:23:28.14 ID:hB0b7q9i0
('A`)ガチャ


      |:::::::::::::::
      |::::::::::::
     8(^ω^)8 :::::::: キャー!何見てんのよ!
◎ー)  /     \:::::::::
 |  | (⌒) (⌒二 ):::::::::::: カツオのH!スケベ!思春期!
 ~~~ /⌒ヽ( ̄、  ヽ___
   /    Lヽ \ノ___
   ゙ー―――(__)---


('A`)「ね、姉さん!!」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2008/11/14(金) 00:27:32.89 ID:hB0b7q9i0
('A`)「お、戸棚にケーキあるじゃん!いただき!」

('A`)ガラッ

             
            8( ^ω^ )8 キャー!何一家団欒の時を邪魔してんのよ!
           /      \
   ∧∧   ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\  ∧_∧
   (,,゚Д゚) /   ,-''¶"¶¨¶'‐、  \(・∀・ )
   | つつ    |"‐-----‐"|    ⊂⊂  )
  ~ ./      "‐-----‐"    . \ ̄)
   .∠______________\
   !________________|
     ||             ||

('A`)「ね、姉さん!!」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2008/11/14(金) 00:29:46.65 ID:hB0b7q9i0




第一話
カツオ、拳を固く握りしめる
[作品№6741]






12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2008/11/14(金) 00:34:20.51 ID:hB0b7q9i0
ハハ ロ -ロ)ハ「お父さん、食事中に新聞読むのはやめてくださいな」

(-@∀@)「新聞書くのが仕事なんだからしようがないじゃないじゃないか」

 ( ゚∋゚) 「おじいちゃんのほっぺを丹念に舐めまわしたいですぅ」

('A`)「なんかさっそくgdgdになってきてるな、ワカメ」

( ∴)「>>1の一発ネタだけでスレ立てるからよ」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2008/11/14(金) 00:36:18.44 ID:hB0b7q9i0
               / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      (    )  < 殺伐としたスレッドに……
      (⊃ ⊂)    \_____________
      | | |
      (__)_)

        クルッ        ______________
                /
      8(^ω^)8彡< サザエ参上!! 
   Σm9っ   つ    \______________
       人  Y
      し (_)

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2008/11/14(金) 00:39:09.64 ID:hB0b7q9i0

  ┏━━━━━━━━━┓
  ┃                 ┃
  ┃     8(^ω^)8    ┃
        ⊂   9m)   ┃シーン
  .(    )  Y   人.     ┃
 ⊂     フ .(_入_|    ┃
   人  Y ━━━━━━┛
  (_入_|

8( ^ω^)8「そうだったわ……」

8( ^ω^)8「私の家族は五年前に全滅したんだった……」

8( ^ω^)8ハッ!

8( ^ω^)8「なぜ私は記憶を封印されていたの!?」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2008/11/14(金) 00:43:20.19 ID:hB0b7q9i0
8( ^ω^)8「私はいったい誰なの……!?」

8( ^ω^)8「一体、私の周りで何が起こっているの!?」

「それは私の口から説明してあげよう」

8( ^ω^)8「お、お前は!!!!」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2008/11/14(金) 00:44:35.23 ID:hB0b7q9i0

    バ――ン!!!

    (彡 )
   (彡   )
  / ノノノヽ  ソ  
  |  /  ⌒ ⌒|
 ゝ(6ミ---(・)‐(・) 
  |       つ |  
  \  \__> 
    \__/    

   長谷川町子!!


18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2008/11/14(金) 00:49:59.36 ID:hB0b7q9i0
8( ^ω^)8「四コマ四天王の一人であり、私たちの神的存在でも
あるあなたがどうしてここに!!??」

ゝ(6ミ---(・)‐(・)「フフフ……お前の記憶を消したのはこの私だからだ」

8( ^ω^)8「なんだと!?なぜ!?」

ゝ(6ミ---(・)‐(・)「それは……」

教えてあげないよ


     _,∩_         _,∩_           _,∩_
    (_____)ゝ、     (_____)    y     (_____)
    / :: :: :: ヽ 〉     /-‐:: ::‐-ヽ /       / :: :: :: ヽ
   _./ (・ )ll(・ ) ∨     _/  0) i! 0) ∨      _/ ( ・)i!(・ ) ゙、_
 // :: :: ∈ゝ :: ::ヽ   // ::  ‐-‐ :: ヽ    //  :: ー一 :: ヽ\
. ゝ/:: :: ::  :: :: ::ヽ  ゝ/ :: ::  ::  :: :: ヽ   ゝ/ :: ::  ::  :: :: ヽく
   ̄ ̄ | ̄ ̄ | ̄ ̄     ̄ ̄ | ̄ ̄ | ̄ ̄     ̄ ̄ | ̄ ̄ | ̄ ̄
       |     |             |     |             |     |
    ⊂!     !つ        シ!     !つ        ⊂!     !つ



ジャン♪

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2008/11/14(金) 00:50:15.15 ID:hB0b7q9i0
第一話おわり

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2008/11/14(金) 00:56:19.05 ID:hB0b7q9i0



第二話
ワカメは「わぁ、らめぇ!お兄ちゃんのワルサーP38かちんかちんだよぉ!ねぇ!咥えてもいいの?
これ咥えちゃっていいの?にいちゃん!!」の略だった!
[作品№9999999999999999999999999]











25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2008/11/14(金) 00:59:55.09 ID:hB0b7q9i0
8( ^ω^)8「こうなったら、自分で探すしか無いわね……」

サザエは戸棚から愛用の十徳ナイフを取り出すと、
それを腰のホルスターにしまいかもめ第三小学校へ向かった。

8( ^ω^)8「もしかしたら戦争になるかもしれないわね」

しかしその時。

バチュンーーーーー!!

8( ^ω^)8「ううう!!!」

一発の銃弾がサザエの背中を貫いた――。

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2008/11/14(金) 01:05:57.99 ID:hB0b7q9i0
8( ^ωT)8「ぐっ!誰だ!」

瀕死のサザエがやっとの思いで振り返るとそこには!!

('A`)「ね、姉さん!!」

8( ^ωT)8「カ、カツオ!!」

なんと、血を分けた兄弟のカツオが銃を片手に立っていた!

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2008/11/14(金) 01:11:57.00 ID:hB0b7q9i0
8( ^ω^)8「カツオ……何でアンタが……」

(;A;)「ごめんよ姉さん……雇われて、脅されて、……」

(;A;)「俺はなんて取り返しのつかないことを……」

泣くドクオの頭に、サザエは優しく手を置いた。

8( ^ω^)8「泣くんじゃないよカツオ。悪いのはお前じゃない、
お前を脅した奴らだ……」

(;A;)「姉さん……」

8( ^ω^)8「ゴフッ!どうやらアタシはもう駄目なようだねえ……」

サザエは吐血した。

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2008/11/14(金) 01:14:56.06 ID:hB0b7q9i0
8( ^ω^)8「最後に……」

(;A;)「何?」

8( ^ω^)8「カツオ、お前は最後まで、強く、生きるんだよ……」

(;A;)「姉さん……」

8( ^ω^)8「じゃあね、達者でね、カツオ」

そういうと、カツオの頭蓋骨を握りつぶしサザエは絶命した。
カツオは死んだ。

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2008/11/14(金) 01:18:03.13 ID:hB0b7q9i0
終わり
>>1の次回作に期待しないでください

( ^ω^)ブーンはサザエさんのようです
ttp://jfk.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1226589435/





  
NEW / TOP / OLD
★僕の小規模なブーン系生活  ★Author→小規模/ブーン系生活

  ★Designed by MACAREO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。