上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2008/09/15(月) 01:49:23.28 ID:UPR+YJ8p0
代理あざっす。
・スレタイと内容は特に関係なし
・たぶんすぐ終わる
・ゆえに真夜中にこっそりやらせてもらいます
3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2008/09/15(月) 01:50:03.83 ID:UPR+YJ8p0


1 夏の病室



4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2008/09/15(月) 01:51:43.17 ID:UPR+YJ8p0
林檎を剥くのもだいぶ上達した。
病院の廊下の、冷ややかな空気にも慣れてきた。行き交うパジャマ姿の、俯いた顔にも。

ξ゚⊿゚)ξ「何ぼーっとしてるの?」

( ^ω^)「あ、いや。 今日は空がきれいだなって思ってたんだお」

ξ゚⊿゚)ξ「そうかなあ。いつもと変わらないよ。
      君は、あいかわらず平和ね」


しゃくしゃくと林檎をかじる音が、蝉のまばらな鳴き声と重なった。
夏を感じた。
それでも、彼女にとってこの空間で起こり得る事象は、全て退屈となるのだな、と
つまらなさそうな横顔を見て思う。

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2008/09/15(月) 01:54:27.33 ID:UPR+YJ8p0
残り半分の林檎を手にとって呟いた。

( ^ω^)「何か欲しいものあるお?」

ξ゚⊿゚)ξ「何よ唐突に」

( ^ω^)「臨時ボーナスみたいなもんが入ったんだお」

ξ゚⊿゚)ξ「ふぅん」

ξ゚⊿゚)ξ「…」

ξ゚⊿゚)ξ「東京タワーが欲しいな」

(;^ω^)「それは無理お」

ξ゚⊿゚)ξ「じゃあツチノコ」

(;^ω^)「うーむ…」

細く小さな溜息がツンの口から漏れる。 
彼女は、入院する以前から、時折こういう無理難題を提示する娘だ。

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2008/09/15(月) 01:59:12.27 ID:UPR+YJ8p0
ξ゚⊿゚)ξ「…じゃあね、綺麗な洋服」

( ^ω^)「よしきた!」


ツンはにこりと笑ったけれど、口元は固まっていた。 
左手は、着ているパジャマの端を握っていた。
そして僕は、ベッドの下に、着る機会が見送られたいくつもの洋服が仕舞われていることを知っている。


窓で切り抜かれた滅茶苦茶に青い空に向かい、彼女は呟く。


ξ゚⊿゚)ξ「こんな空みたいに青いワンピースが欲しいな。それとね、あんな雲みたいに白い帽子」

ξ゚⊿゚)ξ「そして、おしゃれな日傘持って… 海辺、歩きたいな」

ξ;゚⊿゚)ξ「なんて」

( ^ω^)「素敵だお! 相変らずツンはロマンチックだお!」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2008/09/15(月) 02:01:35.87 ID:UPR+YJ8p0
ξ゚⊿゚)ξ「ねえ、ブーン」

( ^ω^)「はい、林檎だお」

ξ゚⊿゚)ξ「……今日は、暑いね」

( ^ω^)「……うん」




帰り道、ツンの主治医に呼び止められた。
深刻そうな顔を作っていたから、うすうす予感したんだけど。
うん。以下省略。




ちろちろと涙なんか流しながら僕は洋服店に車を走らせた。


10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2008/09/15(月) 02:04:29.99 ID:UPR+YJ8p0




8月10日

明日は街でお祭りがある。毎年毎年騒ぎがこっちまで響いてくるからうざい。
だけど、窓から見える花火を見るとなんだかほっとする。
「輪」に混ざれたというか? よくわからないけど。
そういえば、ブーンに服を買ってもらえることになった。うれちー!
最近、体調がいいの。ブーンの前ではわざと陰鬱にしてたけど、このまま快方に向かえばいいな。




あ、今、うるさく鳴いてた蝉が、木にしがみついてた蝉がぽろっと落ちた。
病室、静かになっちゃったなあ。なんだか悲しくなるなあ。

……本当に本当に悲しいなあ。



(何と重ねているの?)





12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2008/09/15(月) 02:06:24.17 ID:UPR+YJ8p0


2 秋の海



14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2008/09/15(月) 02:08:51.93 ID:UPR+YJ8p0
( ^ω^)「いい天気だお」

ξ゚⊿゚)ξ「うん!」




海は嫌いだ。 理由は簡潔で泳げないから。
ビーチパラソルの下で、妹とお父さんが遊んでいるのを体育座りで見ていた。
それなのに、あのときの空は何個も太陽があって本当に眩しかった、な。


ξ゚⊿゚)ξ「まなつのー かじつがー♪」

いつもはアングラなアーティストばかり聞いてるツンが
珍しくサザンなんか口ずさんでる。 

でも、真夏の果実がはち切れる季節は終わったんだな。
僕は青黒い海にくらげがプカプカ浮かんでいるのを想像していた。

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2008/09/15(月) 02:11:27.34 ID:UPR+YJ8p0
ξ゚⊿゚)ξ「ねえねえ! 風、気持ちいいね!」

( ^ω^)「うん」

ξ゚⊿゚)ξ「空も、青いし!」

( ^ω^)「そうだおねー」

ξ゚⊿゚)ξ「雲も、しーーろーーいぞーーー!」




夏休みが終わった高速道路に、白のオープンカーは似合わない。




それでもツンは子供みたいに、なんてことないことを取り上げては、はしゃいでいた。
白い帽子を細い腕で押えて、「もっとスピード出して!」などと言う。
流れる髪の毛の香り。シャンプーの香り。 
良かった。君を「女の子させる」ことができて。

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2008/09/15(月) 02:15:09.11 ID:UPR+YJ8p0
病院から遠路40キロ。僕らは目的地へ辿り着く。



ξ゚⊿゚)ξ「海は広いな!! おおきいなーーー!!」

(;^ω^)「そんなに大声出したらー… あうあう」



9月の海は意外なほどに穏やかだった。



ξ゚⊿゚)ξ「誰もいないねー」

( ^ω^)「そりゃそうだお。シーズンはとっくに過ぎちゃったお」

ξ゚⊿゚)ξ「あ、海の家の看板が壊れちゃってる」

ξ゚⊿゚)ξ「なんだか、哀愁だねー! ぷぷぷ」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2008/09/15(月) 02:18:52.51 ID:UPR+YJ8p0
静かで穏やかな海に、ツンの利発な笑顔はとてもミスマッチに見えた。
それと同時に、僕にとっての哀愁となる。

( ´ω`)「…」

主治医の言葉が頭の中で転がる。
もう長くないから好きなところに連れてってやれだなんて、
僕に縁がある言葉とは到底思ってなかったよ。





ξ゚⊿゚)ξ「海辺、ここからあっちまでずうっと歩こうよ」

( ^ω^)「うん」






かもめがゆらゆら飛んでいる。
僕らもゆらゆら進んでいく。

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2008/09/15(月) 02:21:47.63 ID:UPR+YJ8p0
海辺をまっすぐに歩いた。


言葉は特になかった。ただサザナミの音が優しく僕等を導いた。
時々、波が僅かに足元を濡らして、
そのときだけツンは「冷たいっ!」なんて、笑って呟くのだった。


僕は悲壮に浸ることも、やたら哲学的なことを考えることもしなかった。
帰り道はどこに寄ろうかなあ とか、そんなことを浮かばせていた。
アイスクリーム。買ってやろうかなあ とか、ね。

( ^ω^)「…」

ξ゚⊿゚)ξ「…」




24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2008/09/15(月) 02:23:49.71 ID:UPR+YJ8p0
ツンは時々しゃがんで貝を手にとってみたり、
好きな曲をくちずさんで呑気に振舞っていた。


彼女は、何を考えていたのだろうか。 
もし、この海のように、穏やかな未来を考えていたのなら、それはそれで吐くほど切ないし。
自分の死期を悟って、この一瞬を全身で楽しもうと考えているのも、やはり悲しい。



どっちにしろ僕は、ちょっとだけ泣くのだった。


25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2008/09/15(月) 02:26:36.78 ID:UPR+YJ8p0
ξ゚⊿゚)ξ「まつ毛が濡れてる」

( ^ω^)「あくびだお」

ξ゚⊿゚)ξ「ごめんね。つまらない?」

( ^ω^)「いや、こういうのって好きだお。頭からっぽにして歩くの」

ξ゚⊿゚)ξ「ふふ。だよね。私も、こうして歩いていると頭の中身が抜け落ちちゃう」

( ^ω^)「…」

( ^ω^)「あっ」

僕は足元に触れた透明な物体を拾った。 砂塗れだったので、海水で洗う。
冷たい、冷たい。 だけど、どこかぬくい。


ξ゚⊿゚)ξ「なにそれ?」

( ^ω^)「くらげのしたいだお」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2008/09/15(月) 02:30:14.38 ID:UPR+YJ8p0

ξ゚⊿゚)ξ「へええ…」

( ^ω^)「触ってみ」

ξ;゚⊿゚)ξ「う、なんかぶよぶよする」

( ^ω^)「透明で綺麗だお。しかもでっかい。多分死んで間もないお」

( ^ω^)「見てみ、ツン」



くらげの体を通してツンと空を見た。
太陽の輪郭がぼやけて光の輪のように見えた。空の青さは変わらなかった。



そしてその後、ゆっくりと海へ還した。
まるで生きているときと同じようにふわふわと波にさらわれていく。
白い頭が見えなくなるまで、二人で座ってじっと見ていた。
「海って全てのはじまりなんだよね」 なんてことを彼女は言った。

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2008/09/15(月) 02:32:51.22 ID:UPR+YJ8p0
海岸の西側に着いた。



堤防に座って僕は煙草をふかす。
白い煙は、切なさと虚しさを乗せて空に吸い込まれていく。

ツンは砂の城を作っていた。
にこにこと緩んだ頬は、本当に子供のようだ。

僕は彼女に気付かれないように、そーっと写真を撮る。
世界で一番素敵な笑顔を撮れたと、思う。




ξ゚⊿゚)ξ「見てーー!! できたよ! すごいでしょ!」

( ^ω^)「うーむ。バロック様式だお。 いや…」

( ^ω^)「…」

( ^ω^)(もうすぐ帰らなきゃ)

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2008/09/15(月) 02:36:01.63 ID:UPR+YJ8p0

少しずつ重たくなる空は時間の経過を知らせる。

僕とツンは海辺で黄昏れていた。
華奢な体が僕の肩に力無く寄り掛かる。


ξ゚⊿゚)ξ「太陽が沈むの、見たいな」

( ^ω^)「残念ながら、無理だお。車から見るお」

ξ゚⊿゚)ξ「うん」



二人の間に緩やかな沈黙が流れた。 
テトラポットの上。かもめの行き来が激しい。彼らにも帰る場所はあるのだろう。


なんてことを考えていたら、
突然、ツンが海に向かってゆらゆらと歩き始めた。

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2008/09/15(月) 02:38:49.21 ID:UPR+YJ8p0
(  ゚ω゚)「ツ、ツン!? 何やってるんだお? 戻るお!!!」

「だいじょぶだいじょぶー」


乾いた砂の地から、10メートルくらい離れた所でツンは立ち止まった。
海水は彼女の膝あたりまでを浸していた。
そして、ツンは両手を大きく広げる。

(  ゚ω゚)「??? あ、波が……」





盛り上がった波が、彼女の小さな体躯を呑んだ。
ドミノみたいに、ぱたりと倒れた。







32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2008/09/15(月) 02:41:37.78 ID:UPR+YJ8p0





波に運ばれ、ツンは駆け寄った僕の足元に辿り着いた。
髪も服も何もかもがずぶ濡れだ。
それでも彼女は何故か微笑んでいる。


(;^ω^)「な、なにやってんだお! 風邪ひいたら大変だお!」

彼女は依然砂浜に寝転がったまま、叫んだ。

ξ゚⊿゚)ξ「あー! 逆らえなかったあ!!!!」

(;^ω^)「え?」

ξ゚⊿゚)ξ「これでも精一杯踏ん張ったんだけどね、やっぱり、逆らえなかったよ、波に
      抗えなかったよ……」

ξ゚⊿゚)ξ「こんなこと、世の中にはたくさんあるよね?」

(  ω )「…」




ξ゚⊿゚)ξ「でもさ、気持ちよかった」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2008/09/15(月) 02:44:40.78 ID:UPR+YJ8p0
ξ゚⊿゚)ξ「生きてる。私、生きてるね。まだ、生きてるね」

ξ゚⊿゚)ξ「空、海、雲、風、鳥 何もかもが素晴らしいよ」

ξ゚⊿゚)ξ「ありがとう。ありがとう、ブーン」



僕がそのとき流した涙は、全て大海の一滴となり、消えていったが、
それは、少なくとも僕と彼女の周りを浸す水を、僅かに温かくしているようだった。




ξ゚⊿゚)ξ「ねえ、ブーン」

( ;ω^)「?」



  キスして



37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2008/09/15(月) 02:48:16.01 ID:UPR+YJ8p0





9月3日

明日はブーンと海に行く! 
いやー、あの頑固医者、ついに私に外出許可を出してくれたわ。
はははー! ってことは、私、たぶんもうすぐ死ぬンだな……
まあいいや! よくないけど!



あー。晴れるといいなー…



今日の日記はこれだけです!
これだけっ!!






38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2008/09/15(月) 02:50:05.77 ID:UPR+YJ8p0



3 冬の夜




40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2008/09/15(月) 02:52:48.88 ID:UPR+YJ8p0




彼女の遺物の中に日記があった。
ぺらぺらとページをめくるだけで涙が零れるほどだったが、
今ではどこかの文学者みたいに精読していた。

「ここで彼女はどんなことを考え文字にしたのだろう」なんて
必死に推測していた。


ここで小説や映画なんかだったら、
その日記に隠された真実なんかが記してあったりする。



だけど、赤い手帳型のそれには、少しも秘密なんかなかった。
僕への思いと退屈な日々とおぼろげな未来が、女の子の筆で書かれていた。


ほっとしたような、なんとやら、だ。

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2008/09/15(月) 02:56:09.35 ID:UPR+YJ8p0

後半部分は、ほとんどが僕への遺言のようになっていた。

私が死んだら、私に縛られず、誰か素敵な人を見つけてシアワセになってください。
それが私のシアワセです。

なんて、泣かせるじゃねえか なんてことも書いてあった。
僕はこれに素直に従って、違う女の子と付き合ってみた。
結末は察しの通り。



やがて冬がきた。





「JR二番線にお乗りになるお客様はー」

「おーっ、ブーン。やっとかえってきたがばがむすこめ」

「んだな。去年の夏以来だお」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2008/09/15(月) 02:59:41.11 ID:UPR+YJ8p0

実家に帰っていた。


窓の外は雪が降っている。 街灯に照らされきらきら光っている。
まるであの日くらげを透かして見た太陽みたいだ。

ツンが連想されて、僕は久しぶりに彼女の顔を見たくなった。
手帳の中の彼女は、無邪気に砂の城を作っている。
季節の変化を強く感じた。



時は、過ぎるさ。

これも、逆らえないモノゴトの、一つだねぇ、ツン。

僕は、恋人達の、よくある悲しい結末を夜空に想った。
本当に本当にありふれた悲しい結末。
何度も見たことがある。本や映画の中で。



( ^ω^)「…」

( ^ω^)「みかんでも食べるお」

( ^ω^)(時は、過ぎるさ)

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2008/09/15(月) 03:01:39.12 ID:UPR+YJ8p0






――それでも



また、来年、海に行こう。一人で。

夏じゃなくて、秋に。




    空みたいに青いワンピース。

    雲みたいに白い帽子。

    そして、おしゃれな日傘。






(おわり)

54 名前: ◆ps3CKPkBXI 投稿日:2008/09/15(月) 03:12:26.01 ID:UPR+YJ8p0
あとがき

◆TRIP~ の鳥キーをなくしたのでこっちで顔を出させてもらいます。
知らない人ははじめまして。知ってる人は久しぶり。元気だったかおーい。


気まぐれでちょっと書いてみました。タイトルは分かる人は分かる。
「1」と「3」はプロローグとエピローグみたいなもんで、簡素に仕上げてあります。
やはり自分はありふれたハナシしか書けないのだと痛感。もっと奇天烈な思考を持ちたいね!

静かで淡々としてるので基本的にはつまらんと思います。
「この作品にテーマというものはあるのか」と問われれば、実はないかもわかりません。
ただ、こんな感じなのを書きたいなー と思っただけです。
それでも読んでくれた僅かな人たちに驚きと感謝込めて。ぶちゅううっ




それではまた会う日まで!

( ^ω^)は海へ行くつもりじゃなかったようです
ttp://yutori.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1221410843/
良かった
表現も好きだなぁ
いいなあコレ
日本は良い作家がまだまだたくさんいるんだなあ





  
NEW / TOP / OLD
★僕の小規模なブーン系生活  ★Author→小規模/ブーン系生活

  ★Designed by MACAREO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。