上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
目次
5 名前: ◆ps3CKPkBXI 投稿日:2008/12/06(土) 22:23:45.10 ID:pWUHsQy50










( ^ω^)「ええっと」

(;^ω^)「しょうらいのゆめはー……」


「恥ずかしがらなくていいよ? 誰もいないんだから」


~~⊂(;^ω^)⊃


「あらあらどうしたの? 先生のとこに来ちゃって
 カメラの前でちゃんと言わなきゃだめだよ」


ひそひそ……


「え!? ツン子ちゃんとケッコンしたい?? すいへい君はおませねー」


7 名前: ◆ps3CKPkBXI 投稿日:2008/12/06(土) 22:27:13.05 ID:pWUHsQy50
(;^ω^)「ちょ! カメラはまだろくがしてるお! 今の先生の声が入っちゃったお!」

「大丈夫! ちゃんと消しとくからー♪」

(;^ω^)「ほんと?」

「ほんとほんと! (と言いつつ、RECランプはふつーに点灯してるけどね)」

( ^ω^)「よかったおー。はずかしくて誰にも言えないから、こっそり椎名先生にだけ話したんだお」

「ヒミツを話してくれてありがと、すいへい君。 実はね? ひそひそひそ……」

( ゚ω゚)「ええええ!? ツン子ちゃんも僕のおよめさんになりたいって言ったの!?」

「うんうん!」

(;^ω^)「うひゃー。あまりのオドロキにおしっこちびりそうだお」


9 名前: ◆ps3CKPkBXI 投稿日:2008/12/06(土) 22:30:33.15 ID:pWUHsQy50
「それじゃ、もう一回カメラの前に立って! きちんとして!」

( ^ω^)「うぇー めんどくせ」

「すいへい君は他に何か、なりたい仕事はあるのかな?」

( ^ω^)「えー。んとねー」


( ^ω^)「……」


( ゚ω゚)ノ 「仮面ライダー!!!」


( ^ω^)「だお」


「ほんとに~?」


(*^ω^)「ほんとだお! 僕のけっしんはゆるがないお!
    悪いやつらをブーンキックやブーンパンチでぶっとばしてやるんだお!」

10 名前: ◆ps3CKPkBXI 投稿日:2008/12/06(土) 22:34:00.27 ID:pWUHsQy50
「でも水平君が大人になった頃、怪人がいなくなったらどうする?」

「仮面ライダー、廃業になっちゃうわよ?」


( ^ω^)「ちょwww それは困るお」

( ^ω^)「じゃー、だいにこうほ を言いますお」

「どうぞ! それが聞きたいのよー 先生は」

( ^ω^)「えーとね」


(;^ω^)「パイロットかコックかけいさつ官か消防士か漫画家か俳優だお
     えーとあと、大企業の社長に大統領とないかくそうりだいじん
     でもやっぱりはずせないのはプロ野球選手と落語家とあとえーっと」



14 名前: ◆ps3CKPkBXI 投稿日:2008/12/06(土) 22:38:06.79 ID:pWUHsQy50
  「多すぎwwwwww」


( ^ω^)「あ! 窓のそとから声がきこえてきたお! この声はドクオだお!!」

(#^ω^)「あいつ、ずっと盗みぎきしてたんだお! ゆるせーん!」


どたどたどたどた………




(*゚ー゚)「あー、行っちゃった」

(*゚ー゚)「次は所歩君だから呼んできて欲しかったのに」

(*゚ー゚)「テープまだあるよねー? よし、大丈夫」

(*゚ー゚)「って、うわ、録画終了忘れてた!!! 今のカット! 今のひとりごとはカット!」

(*゚ー゚)「……でもカットってどうすればいいんだ?」

(*゚ー゚)「とりあえずおしまいでーす」




―――ぷつん

15 名前: ◆ps3CKPkBXI 投稿日:2008/12/06(土) 22:42:46.06 ID:pWUHsQy50

※ ※ ※


そこで映像はまた暗転した。 
黒い画面に写った俺の気だるそうな顔は、画面の中で見たそれと違いすぎていた。

過去の記憶が消えているのもあるが、俺は自分でも驚くほど、客観的に映像を見ていた。

というか、客観的にならざるを得ないのだ。
もしあの映像を手がかりに、過去を手繰り寄せようなどと思考すれば、途端に頬の傷には電流が走る。


それでも、不可抗力でどうしても思い出してしまう事項はある。
椎名先生、孤児院……



胸の中にすとんと落ちた郷愁は、温もりとなって体を満たす。
しかし、それが頬に到達したとき、拒絶反応を起こし痛みへと変わる。
それがどうしようもなく辛い。

16 名前: ◆ps3CKPkBXI 投稿日:2008/12/06(土) 22:46:03.38 ID:pWUHsQy50
ドアがくたびれた声を出して開いた。 マフラーを巻いた少年が駆け込んできた。


「ひぃー! 外はさっぱり寒くなったお!」

(メ●ω●)「……それを言うならめっきりだろう」

「そうともいうww」


いつの間にか灯った暖炉の傍に、少年は向かう。
悴んだ手を暖めるその後姿に、俺は一言を投げる。



(メ●ω●)「……お前、ツン子ちゃんが好きなんだな」


腋を擽られたかのように少年は背筋を伸ばし、ゆっくりと後ろを向いた。
頬を赤く染め、鼻水をだらしなく垂れるその面は、驚きの色を孕んでいる。


「おっさん、なんで知ってるお!?」

18 名前: ◆ps3CKPkBXI 投稿日:2008/12/06(土) 22:49:31.17 ID:pWUHsQy50
俺は黒光りしたガラス画面を指差した。


「うわー! 椎名先生に、誰にも見せないでって言ったのに!」

「どうして見たんだお?」

(メ●ω●)「そんなこと言われても、お前が見ろって言ったんじゃないか」

「あれ、そうだっけ? おkwwww」


そう言って、少年はまた背中を向き直した。 部屋の中では、優しげな沈黙が流れていた。
暖炉の暖かさで、この世界に来る直前をふと思い出す。
俺は絵のモデルをやらされていたんだ。誰にやらされていたんだっけ?


ああ、そうだ……




ツン子ちゃんか。





20 名前: ◆ps3CKPkBXI 投稿日:2008/12/06(土) 22:53:31.51 ID:pWUHsQy50
(メ●ω●)「…………っつ!!」


勿論、その瞬間にまた傷の痛みが走った。
我慢しようとしても、我慢しようとするその一瞬に駆け抜けていくような電流。


なんだか、頭の中のパズルが、組み立てられていく。
しかし、完成はしない。

大事な残りの数ピースを、心の中に居る何人かの自分が、隠し持っているのだ。


俺は「返せ」とは言わない。
もう一方の俺も、「返す」と言わない。

この秩序のようなものに、波風を立てるが故、痛みは走るのか。
痛覚を越え、無理矢理にでもパズルのピースを奪い返せば、どうなるのか。


それでもパズルは完成しなさそうな、茫漠とした不安が頭を過った。

誰も居場所を知らない残りのピースは何処に?




ふと気付くと、テレビの画面は切り替わっていた。



22 名前: ◆ps3CKPkBXI 投稿日:2008/12/06(土) 22:57:51.37 ID:pWUHsQy50










 きょうはとても寒いです。
 でも、先生に聞いたら、雪はふらないらしい。
 ちょっと、ざんねんだった。 僕は、雪が見てみたいのです。

 僕は一度だけ雪を見たことがあります。
 このこじいんに来て、さいしょのきおくが、雪がふっている空なのです。
 空ははいいろで、雪がほっぺたにおりてきて、冷たいと思った。












26 名前: ◆ps3CKPkBXI 投稿日:2008/12/06(土) 23:00:36.56 ID:pWUHsQy50
※ ※ ※












( ^ω^)「早く来いおー! じゃんけんするお!」

(´・ω・`) 「さむいさむいさむい寒いっ! ぼく、だんろのそばでマンガ読んでたい」

('A`)「おれもおれもー」

川゚⊿゚川「おとこのくせにだらしないなぁ~ ほらとっとと走れっ!」

(´・ω・`) 「いてっ! おしり蹴んなよぉ」

28 名前: ◆ps3CKPkBXI 投稿日:2008/12/06(土) 23:03:15.90 ID:pWUHsQy50
ところで、今日はともだちといっしょにかくれんぼをします。
なんでこんなに寒いのに、外遊びなのかというと
椎名先生に言わせれば 「こどもは風の子」ということらしいのです。



僕にはお父さんもお母さんもいません。
気がつくとここにいました。



でも、椎名先生がお母さんで、園長先生がお父さんみたいなものです。
でもでも、今日の僕は、風のこどもなのです。
ちょっと変な気もするけど、かくれんぼは楽しいので、寒くてもやります。



( ^ω^)「みんな集まったお?」




川゚⊿゚川「集まったよ!」


れいらちゃん。でも、すっごくおこりんぼうで、いつもツンツンしてるから、
みんなからは「ツン子」って呼ばれています。 でも、ツン子ちゃんって呼ぶとよけいに怒るのです。
そんなツン子ちゃんも、本当は優しいんだ。 なぜか知らないけど、僕にはわかる。
それと、ツン子ちゃんにはとくぎがあり、お絵かきがとってもうまいのです。


31 名前: ◆ps3CKPkBXI 投稿日:2008/12/06(土) 23:08:20.51 ID:pWUHsQy50
('A`) 「おにごっこにしねぇー? そっぢのほうが体あったまるじょ」


どくお。本当は徳男っていうんだけど、どくおはかつぜつが悪いから、いつも自分の名前を「どくお」と言ってしまうのです。
時々いじわるだけど、動物が好きだったり、きらいな野菜が出たときかわりに食べてくれたりします。
やせっぽちだけど、うんどうしんけいは一番いいので、だからそれもふくめて、おにごっこしたいって言ってんだ。たぶん。


(´・ω・`) 「サンセーのハンタイなのだ!」


しょぼん。いつもまゆげが垂れ下がってて、元気のなさそうな顔がしてるからしょぼん。
いつものんびりしていて、何を考えているのか分からないときもあるけど、優しくていい奴だ。
みんなの中で一番頭が良くて、時々僕は、しょぼんから勉強を教えてもらったりするのです。


川゚-゚)「……さむい」


くーちゃん。 そらの空と書いてくーです。 女の子だけど、あまり女の子らしくないので、
僕は、くーちゃんよりツン子ちゃんのほうが好きだったりするのです。
でも、どくおはくーちゃんのことが好きらしいのです。 この前こっそり教えてもらいました。



33 名前: ◆ps3CKPkBXI 投稿日:2008/12/06(土) 23:09:59.99 ID:pWUHsQy50
('A`)「というわけで今日はおにごっこをやるー」

川゚⊿゚川「だーめっ! 今日はぜったいかくれんぼなのー」

(´・ω・`) 「りゆーをのべよ!」

川゚⊿゚川「え? りゆう? えーっと……」

川#゚⊿゚川「今日はかくれんぼな気分なのーーー!!」

('A`)「あー こりゃ すなおにしたがったほうがいいぜしょぼん」

(´・ω・`) 「へへぇー」

川゚⊿゚川「そうよっ! お尻けっ飛ばすからね!」

34 名前: ◆ps3CKPkBXI 投稿日:2008/12/06(土) 23:12:03.13 ID:pWUHsQy50
川゚-゚)「いいこと考えた」

( ^ω^)「なんだお??」

川゚-゚)「おにかくれんぼだ」

(´・ω・`) 「おにごっことかくれんぼを合わせたってことでしょ」

川゚-゚)「そう。 みんなかくれて、鬼は見つけたらタッチする。 そしたら鬼がチェンジして~……」

('A`)「でもそんなルールだったら、カンケリとかのほうが面白いしー」

川゚-゚)「カンがない」

('A`)「……」


( ^ω^)「とりあえず最初はかくれんぼするお!」

( ^ω^)「最初はグー!」



じゃーんけん、ぽん!



36 名前: ◆ps3CKPkBXI 投稿日:2008/12/06(土) 23:15:20.08 ID:pWUHsQy50
※ ※ ※


じゃんけんをして、鬼はしょぼんに決まりました。
しょぼんは頭がいいけど、こういう遊びは苦手なので、ぼくらはしめしめ と思いながらかくれます。


( ^ω^)

(^ω^ )

( ^ω^)(どこに隠れようかな~ だお)


ぼくがうろちょろしていると、ツン子ちゃんがあらわれました。
ツン子ちゃんはぼくを手招いて、こっちにこいと呼ぶのです。
ぼくは行ってみることにした。


⊂( ^ω^)⊃(早く行かなきゃ、しょぼんが百かぞえちゃうお!)

37 名前: ◆ps3CKPkBXI 投稿日:2008/12/06(土) 23:18:40.12 ID:pWUHsQy50
( ^ω^)「どうしたお? 何かいい場所でもあるお?」

川^⊿^川 こくこく


ツン子ちゃんは、うれしそうな顔をして、うなづきました。
「来て来て!」と言って、ぼくの手をにぎりました。
ぼくはむねがドキドキしました。
ツン子ちゃんの手はとてもひんやりしていました。
だから、ちょっときもちいいなあ とも思いました。




( ^ω^)「ここ? うわー 確かにここは見つからなさそうだお!」


そこは、こじいんのたてものの、使われていない、ふるびた所でした。


川゚⊿゚川「でしょ! すいへい君にだけ特別に教えてあげんの!」


39 名前: ◆ps3CKPkBXI 投稿日:2008/12/06(土) 23:21:12.64 ID:pWUHsQy50
僕はほかのこどもたちより、1才か2才年上でした。
だからみんな、僕のことを、君づけで呼ぶのです。ツン子ちゃんとは、2才はなれていました。


僕らは、たてものの中に入りました。
中は、外とかわらずさむかったのですが、ツン子ちゃんがドアを閉めると、風が入ってこないので、
そのぶんだけ、あたたかいのでした。


川*゚⊿゚川「どう? このばしょ?」

( ^ω^)「さすがツン子ちゃんだおー! これなら当分見つからないお! おにはしょぼんだからなおさらだお!
     少なくとも、いちばんさいしょに見つかるしんぱいはないお!」


次の鬼は、いちばんさいしょにみつけられたヤツ と僕たちの中でルールがあったのです。



へやのなかは、ぶあつい本や、わけのわからない紙切れでいっぱいでした。
へやいちめんが、ほこりをかぶっているようです。
まどからさす光で、ほこりがキラキラ光って、きれいだと僕は思いました。

40 名前: ◆ps3CKPkBXI 投稿日:2008/12/06(土) 23:23:33.70 ID:pWUHsQy50
川゚⊿゚川「……」

( ^ω^)「……」



川゚⊿゚川「ふたりきりだねっ!」

(;^ω^)「あ、うん。そうだおね」

川゚⊿゚川「どうしたの?」

(;^ω^)「な、なんでもないお」



しょぼんやどくおとふたりきりになったときは、たくさんありますが、
ツン子ちゃんとふたりきりはないのでした。
女の子と男の子は、しゅみや好きなマンガがちがうので、何を話したらいいのか分からないのです。

でも…… それいぜんのもんだいで、ぼくは胸がどきどきしていました。


ぼくは、じつは、ツン子ちゃんのことがスキなのです。



43 名前: ◆ps3CKPkBXI 投稿日:2008/12/06(土) 23:26:58.77 ID:pWUHsQy50
( ^ω^)(もしかしてツン子ちゃんがかくれんぼしたかったりゆうって……)

(;^ω^)(うひっ。ズボンの真ん中がむずむずしてきたお)


近くで見ると、気がつくことがいっぱいある。
ツン子ちゃんの髪の毛やほっぺたは、僕やしょぼんやどくおよりキレイ。
ツン子ちゃんの目やまつ毛やくちびるは、僕やしょぼんやどくおよりくっきりしてる。
他にもいっぱい。
ツン子ちゃんのおかっぱ頭がゆれました。 僕に話しかけたのです。


川゚⊿゚川「ねー、すいへい君」

( ^ω^)「なんだお?」

川゚⊿゚川「この前、ビデオカメラとったよね、みんな」

( ^ω^)「うん! しょうらいの夢を一人ずつに椎名先生はきいてったんだお」

44 名前: ◆ps3CKPkBXI 投稿日:2008/12/06(土) 23:29:08.67 ID:pWUHsQy50
川//⊿//川「ア…… アタシなんて言ったかわかる?」

( ^ω^)「え、えーっと」


僕は椎名先生からひそひそ教えてもらったことを思い出しました。
そしたら、頭のなかが真っ白になって、せなかのあたりからカーーッとあつくなって、顔は真っ赤になりました。


(;^ω^)「わ、わからないお」

川*゚⊿゚川「じゃあヨソウしてみてっ」

(;^ω^)「よ、予想? えーと、んーっと……」



川゚⊿゚川「いっせーのせ で答えあわせしよっ。いい?」

( ^ω^)「ま、待って! シンキングタイムちょうだいお!」

川*゚⊿゚川「……いいわよううう」

45 名前: ◆ps3CKPkBXI 投稿日:2008/12/06(土) 23:31:41.55 ID:pWUHsQy50
どーしよう。

でも、これって「りょうおもい」ってやつだお?

じゃあ…… だいじょうぶだお?

うーん。

よし!



川゚⊿゚川「考えた?」

(;^ω^)「うん」


川゚⊿゚川「いっせーの、せ!」



( ^ω^)「僕のお嫁さ……「いちりゅうがか!!!」川゚⊿゚川



46 名前: ◆ps3CKPkBXI 投稿日:2008/12/06(土) 23:33:47.55 ID:pWUHsQy50
川;゚⊿゚川「……」



( ゚ω゚)「……」



オワタ。

ぼく、ハメられたんだ。

椎名先生に。







なんか、気まずくなって、僕達のきょりは、はなれました。
僕は、ツン子ちゃんに何も話せなくなった。
ツン子ちゃんは、ほっぺたを赤くして、窓の外をながめている。
しょぼん、早く見つけてほしいお。

そう願うけれど、ドアがきしむ音は聞こえない。



47 名前: ◆ps3CKPkBXI 投稿日:2008/12/06(土) 23:36:41.83 ID:pWUHsQy50













(´・ω・`) 「見つかったー?」

川゚-゚)「見つからなーい」

('A`)「どご行ぎやがったんだっ。すいへい君とツン子は」

(´・ω・`) 「よし、じゃあ僕、いちご畑んとこさがしてみるね」

⊂('A`)「俺はあっち」

川゚-゚)⊃「じゃ、私はこっち」

(*'A`)⊃「や、やっぱ俺もこっち」

川゚-゚)「ドクオはばかだな。一つの方向に二人行ってもしかたないだろ」

('A`)「……ごめん」

48 名前: ◆ps3CKPkBXI 投稿日:2008/12/06(土) 23:38:53.92 ID:pWUHsQy50
( ^ω^)「……」

川゚⊿゚川「見つけて…… くれないね」

( ^ω^)「うン……」


部屋に入ってから、たぶん、30分は経っていた。
でも、しょぼんが来る気配はなくて、僕らはずっと部屋の中にいた。


窓やドアのすきまから、冷たい風がやってくる。
その風は、ほっぺたをさすって、僕にみぶるいをさせた。
吐く息は、とっても白い。


49 名前: ◆ps3CKPkBXI 投稿日:2008/12/06(土) 23:41:36.01 ID:pWUHsQy50
川゚⊿゚川「はーっ。はーっ」

川゚⊿゚川「……すいへい君」

川゚⊿゚川「さっきはびっくりしたよ」

川゚⊿゚川「でもね、うれしかった」

川//⊿//川「だってね、アタシね……」


「……」


川;゚⊿゚川「すいへい君」


( ´ω`)


色んなことが頭の中でめまぐるしく回るし、見つけてくれない不安もあるし、
僕、実は、みんなよりうすぎをしていたってことにも、気がついた。 とっても今、寒い。
ここはすっごくほこりっぽいし、なんだかぼく、


  あたまがいたい
  あたまがいたい
  あたまがいたい
  あたまがいたい
  あたまがいたい

50 名前: ◆ps3CKPkBXI 投稿日:2008/12/06(土) 23:42:19.66 ID:pWUHsQy50
  あたまがいたい
  あたまがいたい
  あたまがいたい
  あたまがいたい
  あたまがいたい
  頭が痛い
  頭が痛い
  頭が痛い!!!   



(メ●ω●)「う…… うわああああ!!!!」



俺は頭皮を掻き毟り、這い蹲りながらデッキの停止ボタンを押す。
画面がぷつりと切れるのと同時に、背後に何者かの存在を感じた。

どうせ少年だろうと、俺は乱暴に振り向くが、そこに立っていたのは少女だった。
途端にまた頬が痛み、立つことさえままならない状態になってしまう。


中腰になって俺は呟く。


(メ●ω●)「や、やあ。また逢ったなお穣ちゃん……」

51 名前: ◆ps3CKPkBXI 投稿日:2008/12/06(土) 23:45:29.01 ID:pWUHsQy50
「アタシのこと、思い出してくれた?」


(メ●ω●)「ああ、君は……」

(メ●ω●)「うっ」


言葉を発しようとすると、傷の痛みがそれを邪魔するかの如く、「ON」になる。
痛みを遮って発音しようとする気力がない。俺は弱弱しく俯いた。


「おじちゃん、ほっぺたのきずが、いたむのね」

(メ●ω●)「ああ、そうさ……」

「逃げちゃだめ」

(メ●ω●)「……あぁ?」


俺は、少女が額に納まった絵を、両手で抱えているのに気がついた。
大事そうに両腕を前で組んでいる。
窓の外はすっかり暗くなり、激しく降る雨音に混じって、時折稲光が鳴っている。

54 名前: ◆ps3CKPkBXI 投稿日:2008/12/06(土) 23:47:28.84 ID:pWUHsQy50
「これ、アタシが描いた絵なの!」


少女はそう言って、絵画を俺に翳した。
紛れも無く、俺の部屋に飾ってある、それと同一だ。
陽だまりの下の孤児院、その庭先から、今にも無邪気な子供たちの声が聞こえてきそうな、麗羅の絵。


「逃げないで。ちゃんと、向き合って」

「ねえ、すいへい君」



どうしてすいへい君は、みんなにさよならも言わないで、どこかへ行っちゃったの?




(メ●ω●)「そ、」

(;^ω^)「それは……」



55 名前: ◆ps3CKPkBXI 投稿日:2008/12/06(土) 23:50:06.12 ID:pWUHsQy50
俺はその場に倒れた。 あの絵に、魂を吸い取られたような、感覚だった。
その先で何を見るのかは、分からないし、覚えていない。分かろうとする気もない。

勿論、直視するのが嫌で仕方が無い。
大きな流れを逆走しようとする意識が、無意識という大波によってかき消される。
意識は一旦途切れ、俺の魂は、回顧の激流をただただ下っていくのだった。
















56 名前: ◆ps3CKPkBXI 投稿日:2008/12/06(土) 23:50:41.23 ID:pWUHsQy50
こんな感じで第五話終了です。
なにか質問あるかたどうぞ。


(質疑応答)

29 名前:愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票投稿日:2008/12/06(土) 23:05:09.95 ID:teUG6Z1PO
巻き髪じゃないのかシエンヌ

61 名前: ◆ps3CKPkBXI 投稿日:2008/12/07(日) 00:10:27.21 ID:Yf+pZDd30
>>29
幼年時代と青年時代では顔文字AAを変えてあります。
ブーンやクーは縮小すればいいだけですが、ツンは少し悩んだ末ああなりました。
一応おかっぱ頭ってことなんですが、はい。作者のセンスのなさが露呈されています。
大人になったらなんでクルクル髪になってんだ というと、
まあ、パーマでもかけたんじゃね。 みたいな感じです。 

それと、少年内藤の一人称にところどころ違和感を感じるかもしれませんが、
小学生くらいの文章(作文)というのは、「~た、~だ」調と「~です~ます」調が混じっていることが多いので、
わざとそういう文体で書いてみました。読みづらかったらすみまそん。
ちなみに、
だからといって別に、作中で少年内藤が何かの作文を読んでいるわけではありません。

62 名前: ◆ps3CKPkBXI 投稿日:2008/12/07(日) 00:15:15.50 ID:Yf+pZDd30
お知らせ

次回投下は作者の都合により、来年の2月下旬~3月上旬になりそうです。
その頃になっても投下がない場合、
(この行はなかったことになりました)
そんな感じで皆様、良いお年を。


壁|∀・)その前に師走の忙しさを乗り越えなきゃだね!





  
NEW / TOP / OLD
★僕の小規模なブーン系生活  ★Author→小規模/ブーン系生活

  ★Designed by MACAREO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。